小児科

小児循環器領域のup to date

2014年01月号(55巻 01号)

企 画
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

1.先天性心疾患の胎児診断と診断前後の対応
松井 彦郎
2.動脈管閉鎖の分子メカニズムと新たな薬物療法の可能性
横山 詩子
3.心房中隔欠損(ASD)、動脈管開存(PDA)へのカテーテル治療
杉山 央
4.先天性心疾患における最近の外科治療成績と遠隔期の諸問題
角 秀秋
5.学校におけるAED導入と導入後の現状
三谷 義英
6.小児不整脈の学校生活管理指導ガイドライン(2013)
住友 直方
7.成人期に達した川崎病患者の管理
小川 俊一
■目で見る小児科
両側多房性の上衣下嚢胞を認めた先天性CMV感染症の1例
畠中 大輔
■綜説
小児における電解質輸液製剤の使い分け
五十嵐 隆
■診療
常染色体優性多発性嚢胞腎患児の外来管理
長谷川 慶
1歳未満のRSウイルス初感染後の反復性喘鳴/喘息発症についての検討
森 俊彦
小児急性巣状細菌性腎炎18例の臨床的検討
山田 愛
■小児保健
小児の動脈硬化とその指標
小坂 喜太郎
■社会小児科学
小児の睡眠関連疾患
加藤 久美
■病気の責任遺伝子
先天性血小板減少症の診断と分子病態
笹原 洋二
■症例
手足口病罹患後に発症した間質性肺炎合併若年性皮膚筋炎の1例
松田 裕介
■最近の外国業績より
循環器
日本医科大学小児科学教室