小児科

伝染性紅斑を見直す

2015年11月号(56巻 12号)

企 画
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 伝染性紅斑を見直す
1.伝染性紅斑の全体像と疫学情報
小林 祐介
2.検査診断法の進歩
要藤 裕孝
3.分子疫学
朝倉 啓文
4.母子感染の実態−全国産科施設を対象とした実態調査
蝦名 康彦
5.母子感染の予防と胎児治療
成瀬 寛夫
6.ヒトパルボウイルスB19感染と中枢神経合併症
品川 文乃
7.ヒトパルボウイルスB19感染と溶血性疾患
鈴木 裕美
8.ヒトパルボウイルスB19感染と関節炎
中岡 祐子
綜 説
子どもの吃音
菊池 良和
小児慢性特定疾病および難病の新たな医療費助成制度
大山 昇一
診 療
覚えておきたいペットからの人獣共通感染症−ジフテリア毒素を産生するC.ulceransの小児感染例
寺田 知正
社会小児科学
川崎市における感染症情報発信システム(KIDSS)の導入とその後の取り組み
丸山 絢
小児保健
親ががん患者である子どもの心とその支援
井上 美穂
症 例
新生児橈骨動脈領域の血管攣縮−経皮的中心静脈カテーテルによるまれなmalpositionの1例
中村 利彦
最近の外国業績より
消化器
日本医科大学小児科学教室