小児科

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2008のポイント

2009年05月号(50巻 05号)

企 画
定 価 2,700円
(本体2,500円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2008のポイント
1. 小児気管支喘息の重症度の捉え方
望月 博之
2. 急性発作に対する薬物療法
宇理須 厚雄
3. 長期管理における薬物療法
井上 壽茂
4. 乳児喘息の急性発作と長期管理への対応
足立 雄一
5. 肺機能の評価
末廣 豊
6. 運動誘発喘息と学校生活
小田嶋 博
7. 患者教育の取り組み
大矢 幸弘
■目で見る小児科
皮疹を伴わないStevens-Johnson症候群の1例
石田 麻里子
■小児医学最近の進歩
グリシン脳症 −新しい酵素診断法と遺伝子診断法−
呉 繁夫
■綜説
日本と海外の小児喘息ガイドラインの比較
栗原 和幸
咳喘息と類縁疾患の診断と治療 −アトピー咳嗽を中心に−
石浦 嘉久
代謝性ミオパチーの最近の話題
三橋 里美
■診療
無輸血開心術について
高橋 幸宏
てんかんに対する外科的アプローチ
菅野 秀宣
乗り物酔いの機序とその予防対策
小泉 康雄
C型インフルエンザの臨床的検討
松嵜 葉子
■小児保健
保育園におけるムンプスの流行と不顕性感染
橋本 裕美
■症例
タンデムマススクリーニングによって発見された軽症型プロピオン酸血症の診断と治療
長尾 雅悦
■最近の外国業績より
血液
日本医科大学小児科学教室