小児科

小児慢性特定疾病医療費助成制度

2015年12月号(56巻 13号)

企 画
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児慢性特定疾病医療費助成制度−小児科医が知っておくべきこと
1.新しい小児慢性特定疾病対策について
福田 亮介
2.小児医療における小児慢性特定疾患治療研究事業の意義
井田 博幸
3.小児慢性特定疾病対策の主な変更点
掛江 直子
4.小児慢性特定疾病の登録データを今後の小児医療に生かすために
盛一 享徳
5.難病対策と小児慢性特定疾病対策
大澤 真木子
■目で見る小児科
3D-MRCPで確認した膵胆管合流異常症の1例
高橋 晴香
■綜説
食物アレルギー児への栄養指導−不足しやすい栄養素
村上 洋子
スキンケアによる小児アトピー性皮膚炎の発症予防と今後の展望
森田 久美子
■診療
小児糖尿病治療の最近の動き
浦上 達彦
小児閉塞性睡眠時呼吸障害はアデノイド切除・口蓋扁桃摘出では解決しない
磯野 史朗
■オピニオン
小児在宅医療の課題と展望
小林 信秋
キャラメル浣腸によるアナフィラキシー
中村 英夫
■症例
治療に難渋したPanton-Valentine leukocidin陽性黄色ブドウ球菌(USA300)による脛骨骨髄炎の1例
田中 充
■最近の外国業績より
新生児・未熟児
日本医科大学小児科学教室