小児科

ワクチンで予防可能な疾患の病原診断とその読み方

2009年01月号(50巻 01号)

企 画
定 価 2,700円
(本体2,500円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 ワクチンで予防可能な疾患の病原診断とその読み方
1. 麻疹
佐藤 弘
2. 風疹
寺田 喜平
3. ムンプス
庵原 俊昭
4. 水痘
吉川 哲史
5. インフルエンザ
水田 克巳
6. 百日咳
蒲地 一成
7. 結核
御手 洗聡
■目でみる小児科
臍ヘルニアにて腸閉塞症状をきたした乳児の1例
石原 靖紀
■小児医学最近の進歩
感染症診断検査法
下野 信行
■総説
インフルエンザA/H1H1 オセルタミビル耐性株(H275Y)の国内発生状況
氏家 誠
小児の排尿異常
感染症とヒトゲノム
原 寿郎
小児科OSCE
鈴木 康之
■診療
乳幼児期の喘鳴症候群 −Reactive airway disease(RAD)の臨床像−
吉原 重美
先天性サイトメガロウイルス感染症
森内 昌子
■症例
メコニウム病で腸閉塞症を呈した低出生体重児の2例 −胎便関連性腸閉塞症の治療−
内山 昌則
肺炎を同時発症した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の2例
内藤 広行
■最近の外国業績より
循環器
日本医科大学小児科学教室