小児科

小児の固形腫瘍−診断・治療の進歩−

2011年06月号(52巻 07号)

企 画
定 価 2,700円
(本体2,500円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児の固形腫瘍−診断・治療の進歩−
1.網膜芽細胞腫
柳澤 隆昭
2.肝芽腫
大植 孝治
3.Wilms腫瘍
脇坂 宗親
4.神経芽腫
林 泰秀
5.褐色細胞腫
田辺 晶代
6.横紋筋肉腫
古田 繁行
7.骨肉腫
仲俣 岳晴
8.Ewing肉腫ファミリー腫瘍
麦島 秀雄
■目で見る小児科
軽度の仙骨部皮膚陥凹から発見された潜在性二分脊椎の1例
堀 秀之
■綜説
喘息診療における小児の呼吸機能検査
板澤 寿子
■診療
医療関連感染とアシネトバクター
青木 洋介
小児喘息に合併するアレルギー性鼻・副鼻腔炎の診断と治療
岡本 美孝
■画像診断
先天性心疾患の画像診断−いまレントゲン画像に何を求めるか−
鎌田 政博
■病気の責任遺伝子
全ゲノム関連解析による最初のモヤモヤ病遺伝子:RNF213の同定
鎌田 文顕
■症例
診断に苦慮した新生児原発性小腸捻転症の1手術例
内山 昌則
レジオネラ肺炎に続発して急性散在性脳脊髄炎を発症した1幼児例
中河 いよう
■最近の外国業績より
免疫
日本医科大学小児科学教室