小児科

遺伝子解析からアレルギー疾患の治療戦略を考える

2011年05月号(52巻 06号)

企 画
定 価 2,700円
(本体2,500円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 遺伝子解析からアレルギー疾患の治療戦略を考える
1.アレルギー疾患と大規模遺伝子解析
玉利 真由美
2.アレルギー疾患のトランスクリプトーム解析とプロテオミクス
野口 恵美子
3.アレルギー性皮膚疾患とバリア機能異常
佐々木 貴史
4.食物アレルギーに対する早期介入
伊藤 浩明
5.スギ花粉症に対する初期療法
北村 嘉章
6.気管支喘息と薬物選択−遺伝子・タンパク解析から−
加藤 善一郎
■目で見る小児科
熱中症や髄膜炎を疑われた脳動静脈奇形による小脳出血の13歳男児例
束本 和紀
■綜説
腫瘍崩壊症候群の新しい治療薬ラスブリカーゼ(尿酸酸化酵素)
菊地 陽
小児における遺伝子組み換えトロンボモジュリン製剤の使用
武藤 真二
アレルギー疾患と免疫調節(Treg細胞)
大坪 慶輔
■診療
乳幼児アトピー性皮膚炎に対する母親への指導
末廣 豊
左腎静脈nutcracker現象の形態診断と今後の展望−不登校を伴う重度の起立性調節障害を中心に−
高橋 泰生
小児の滲出性中耳炎の病態と治療
松原 篤
■経験
高次脳機能障害児の支援を目的とした公開リハビリテーション講座の実践
橋本 圭司
小児腹膜透析患者の二次性副甲状腺機能亢進症にシナカルセト塩酸塩は使用可能か
伊藤 秀和
■症例
経過中に頻回の無呼吸発作を呈し、人工呼吸管理を要した新生児百日咳の1例
橋田 祐一郎
■最近の外国業績より
血液
日本医科大学小児科学教室