小児科

慢性重症障がい児を社会がどうみていくか

2016年11月号(57巻 12号)

企 画
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 慢性重症障がい児を社会がどうみていくか
1. 慢性重症障がい児のケアシステムの現況
横山 美奈
2. 医療施設での医療とケア
本橋 裕子
3. 在宅医療と暮らしの現況
高橋 昭彦
4. 医療行政の現況と今後
桑木 光太郎
5. 障害福祉行政の現況と今後
田中 真衣
■目で見る小児科
左季肋部痛を主訴に発見された限局性結節性過形成の1例
井上 雅之
■綜説
小児めまいの原因疾患と診断アルゴリズム
堀井 新
アナフィラキシーに対するプレホスピタルケア
中川 朋子
腎芽腫の診断と治療
松藤 凡
小児・若年がん患者の妊孕性温存
三善 陽子
■診療
子どもの心身症の診かた−小児科医のための心身医療ガイドラインを基に
小柳 憲司
■トピックス
呼吸器症状が長引く乳幼児からの呼吸器ウイルスの検出−保育園低年齢児における遷延する呼吸器症状の解明に向けて
新谷 尚久
■経験
新生児脳静脈洞血栓症の1例と本邦における37報告例のまとめ
蓮見 純平
■症例
体重増加不良を主訴に来院し、1枚の胸部単純写真からpycnodysostosisの診断に至った7カ月児の1例
原 周平
■最近の外国業績より
消化器
日本医科大学小児科学教室