小児科

喫煙と小児の健康被害

2008年09月号(49巻 10号)

企 画
定 価 2,592円
(本体2,400円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 喫煙と小児の健康被害
1. 喫煙による小児に対する薬理学的影響
王 宝禮
2. 喘息と受動喫煙
小田嶋 博
3. 学校におけるタバコ対策
原田 正平
4. 禁煙外来と防煙教育
水野 隆久
5. 妊娠に対する喫煙の影響
加治 正行
6. 喫煙に対する市民活動
荒井 一徳
■目で見る小児科
Drug-induced hypersensitivity syndrome(DIHS)の1例
中村 由紀子
■小児医学最近の進歩
TNF receptor-associated periodic syndrome(TRAPS)の全国疫学調査
井田 弘明
■綜説
体内時計の新しい理解
岡村 均
腸管からのカルシウム吸収
新木 敏正
家族性地中海熱の診断と治療 −周辺疾患との関連−
山崎 崇志
■診療
新生児デジタルビデオ脳波の有用性
渡部 功之
小児の下血 −緊急処置を必要とする疾患へのアプローチ−
大野 康治
小児の睡眠時無呼吸症候群の特徴と診断,治療法
千葉 伸太郎
■トピックス
ビタミンD受容体と皮膚 −特に毛周期について−
坂井 義之
■症例
Helicobacter pylori感染症を伴う小児十二指腸潰瘍穿孔の2例
大塩 猛人
■最近の外国業績より
アレルギー
日本医科大学小児科学教室