小児科

わが国における急性脳炎・脳症

2007年04月号(48巻 04号)

企 画
定 価 2,592円
(本体2,400円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 わが国における急性脳炎・脳症
1. 日本の急性脳炎・脳症発生状況
上野 久美
2. 夏に多くみられる急性脳炎・脳症
細矢 光亮
3. 冬に多くみられる急性脳炎・脳症
森島 恒雄
4. 季節に関係なくみられる急性脳炎・脳症
川田 潤一
5. 脳症の画像診断 −頭部MRIの読み方の基本−
高梨 潤一
■目で見る小児科
口角下制筋先天性欠損または形成不全の2例
池田 哲雄
■小児医学最近の進歩
乳児への語りかけ −対乳児音声への発達心理学的アプローチ
直井 望
■綜説
痙性麻痺に対する包括的治療と機能的脊髄後根切断術
師田 信人
動物用抗菌薬の使用状況と耐性菌の現状 −ヒトにいたる耐性菌の伝播経路−
田村 豊
■診療
Kasabach-Merritt症候群の治療
三間屋 純一
反復性扁桃炎に対する外科的治療の適応基準
藤原 啓次
肝炎ウイルス陽性患児への対応
香坂 ?夫
寄生虫疾患の治療薬
角田 隆文
■周生期医学
脳室内出血後水頭症児の神経発達予後
二木 康之
■経験
鼠径ヘルニア手術の時期や自然治癒に関する検討
千葉 庸夫
■症例
アスピリンの前負荷により原因を特定できた食物依存性運動誘発性アナフィラキシーの1例
西川 拓朗
■最近の外国業績より
腎・尿路
日本医科大学小児科学教室