小児科

小児アレルギー疾患のEarly Intervention

2007年01月号(48巻 01号)

企 画
定 価 2,592円
(本体2,400円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児アレルギー疾患のEarly Intervention
1. アレルギー疾患の予知と予防
近藤 直実
2. 食物アレルギーの予知と予防は可能か
柘植 郁哉
3. 小児喘息の予知と予防は可能か
赤澤 晃
4. 小児喘息の成人へのキャリオーバーの予防
釣木澤 尚実
5. アトピー性皮膚炎の予知と予防は可能か
池澤 善郎
■目で見る小児科
左臀部から大腿部の巨大リンパ管腫
末 浩司
■小児医学最近の進歩
若年性サルコイドーシスの臨床像と遺伝子解析
岡藤 郁夫
■綜 説
Down症候群に発症するtransient abnormal myelopoiesisの臨床像と治療
朴 明子
■診療
小児の気道病変と在宅医療
前田 貢作
血友病に対する新たな治療法 −定期補充療法−
瀧 正志
尋常性疣贅,伝染性軟属腫の光線治療
尾見 徳弥
■画像診断
小児腹部・外性器の画像診断(1) −泌尿器−
久住 浩美
■社会小児科学
IT技術と小児医療
小池 健一
■心身医学
小児心療内科における治療のあり方
作田 亮一
■卒前・卒後教育
小児科学と最近の医学教育
田辺 政裕
■経験
脳炎・脳症後遺症に対する甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)療法
中山 智博
小児鎖骨骨幹部骨折の治療経験
齋藤 篤
■症例
Fabry crisesから疑われたFabry病
柿坂 佳菜恵
■最近の外国業績より
循環器
日本医科大学小児科学教室