産婦人科の実際

婦人科がんの予防update

2017年11月号(66巻 12号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 婦人科がんの予防update
1. 生活習慣(食事・運動など)と婦人科がんの発がんの関連について
島津 太一
2. HPVワクチンに関する最新のエビデンス−日本の現状と課題−
角田 紗保里
3. 慢性疼痛に関する考え方と対応−小児の痛みとHPVワクチン接種後の痛み−
尾張 慶子
4. HPVワクチンに対する行政の在り方
木村 もりよ
5. 子宮頸癌の二次予防−頸部初期病変の早期発見とその管理−
天神林 友梨
6. 女性ホルモン製剤とがんの発生リスク
宮本 強
7. 子宮体がんの早期発見
植田 政嗣
8. 家族性子宮体がんの予防
竹田 貴
9. 家族性卵巣癌とその予防
西野 幸治
10. 婦人科良性疾患の手術における付属器摘出の健康への影響
高橋 一広
11. 卵巣癌検診の現状と問題点
越山 雅文
12. 卵巣子宮内膜症性嚢胞の取り扱い−手術すべきか否か−
竹内 亜利砂
13. がんの再発予防−生活習慣とのかかわり−
中井 英勝
■"悩ましい症例"に立ち向かう! CPiCレポート
6. 子宮内膜症性嚢胞に合併したseromucinous borderline tumorsの1例
津田 桂
■シリーズで学ぶ最新知識
産婦人科に直面する感染症の最新知識5. HPV感染
笹川 寿之
■診療
マルチプレックスPCR法による新規HPVタイピング検査法(HPVサーティーン)の有用性について−既存クリニチップ法との比較−
小澤 信義
■臨床経験
非モザイク型クラインフェルター症候群(KS)の発生機序および遺伝学的リスクについての検討
御木 多美登
■症例
子宮内膜細胞診を契機に敗血症、急性腎障害を呈したA群β溶連菌感染症の1例
大塚 聡代
■海外文献から
・子宮摘出後の手術部位感染の減少:セファゾリン・メトロニダゾール併用群とセファロスポリン単独群の比較
滋賀医科大学産科婦人科学講座
・正期産に近いpreterm PROMにおける早期娩出症例と待期管理症例との無作為化比較試験(PPROMT試験)
滋賀医科大学産科婦人科学講座