産婦人科の実際

産科医療の崩壊を止める

2009年06月号(58巻 06号)

企 画 中林 正雄
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 産科医療の崩壊を止める
1. 産科医不足への対応
1) 産婦人科医師増加対策
海野 信也
2) 産科勤務医の待遇改善
久保 隆彦
3) 産科で働く女性医師への支援
桑江 千鶴子
4) 助産師と産科医の協働
澤 倫太郎
2. 周産期医療システムの再構築
1) 大都市における周産期医療システム(東京都)
杉本 充弘
2) 地域における周産期医療システム(宮崎県)
徳永 修一
3) 千葉県における周産期医療システム(千葉県)
鈴木 真
4) 母体搬送のコーディネートシステム
水上 尚典
5) 産科救命救急への対応
池田 智明
6) NICUの必要病床数とその要員確保
楠田 聡
7) 東北地方における産科オープン・セミオープンシステムを利用した連携
岡村 州博
8) 周産期医療におけるITの応用
原 量宏
3. 医療訴訟対策
産科医療補償制度
石渡 勇
4. 分娩費の適正化
分娩費の実態とその適正化
中井 章人
■シリーズで学ぶ最新知識
Nuchal translucency2. 染色体正常例でのNuchal translucency
和田 誠司
■ 連載 胎盤の画像診断
6. 胎盤血管腫
信澤 宏
■原著
生検子宮頸部上皮内癌(CIS)合併妊婦に対する円錐切除術は必要か?
林下 千宙
■診療
超音波3Dドプラ法を用いた胎盤血流評価
市塚 清健
性行為による性器外傷の臨床像
徳嶺 辰彦
■臨床経験
羊水量較差を認めるMD双胎(amniotic fluid discordance)の臨床経過とレーザー治療の適応拡大
林 聡
性器脱に対しての手術療法についての検討
水田 裕久
■症例
子宮体癌術後に結核性腹膜炎を併発し抗結核剤にて改善した1例
西尾 紘子
■海外文献から
子宮体癌における系統的骨盤リンパ節切除の有効性(MRC ASTEC trial):ランダム化された研究
限定された地域集団における超未熟児の生存率:1994〜1999年と2000〜2005年を比較した前向きコホート研究
広島大学大学院医歯薬学総合研究科産科婦人科学