産婦人科の実際

婦人科腫瘍領域における実地臨床につながる臨床試験

2014年12月号(63巻 13号)

企 画 牛嶋 公生
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 婦人科腫瘍領域における実地臨床につながる臨床試験
1.わが国における婦人科領域臨床試験の歴史と未来
落合 和徳
2.実地臨床につながる臨床試験の倫理的要素
佐藤 恵子
3.実地臨床につながる臨床試験デザインに必要な統計学的要素
下川 元継
4.進行卵巣癌に対する術前化学療法の臨床試験
恩田 貴志
5.卵巣癌プラチナ感受性再発における臨床試験
竹井 裕二
6.卵巣癌プラチナ抵抗性再発における臨床試験
酒井 瞳
7.卵巣癌妊孕性温存治療に関する臨床試験
佐藤 豊実
8.進行再発子宮頸癌に対する臨床試験
喜多川 亮
9.子宮頸癌術後補助療法における臨床試験
島田 宗昭
10.子宮頸癌における機能温存縮小手術療法を対象とした臨床試験
笠松 高弘
11.子宮頸癌放射線治療を対象とした臨床試験
戸板 孝文
12.支持療法を対象とした臨床試験−制吐剤の臨床試験を中心に−
西尾 真
■今日の話題
ドクターヘリによるドクターデリバリーの効果−周産期におけるドクターヘリ運用モデル−
平川 英司
■診療
子宮底部横切開の問題点を解消する−羊水除去により臍下の腹壁切開で実施が可能となる−
中後 聡
多職種連携による精神・神経疾患合併妊娠に対する周産期管理−当院における5年間の後方視的検討−
平良 理恵
■臨床経験
妊娠前BMIおよび妊娠中体重増加と母乳育児に関する検討
宮崎 ももこ
産科大量出血に対し濃縮フィブリノゲン製剤を使用した症例についての検討
中川 昌子
■症例
S状結腸を用いた人工腟の脱出に対してTVM手術を施行した1症例
森 裕太郎
■海外文献から
脳死患者からの子宮摘出
九州大学産科婦人科
双頸子宮の診断のジレンマを明確化する
九州大学産科婦人科