産婦人科の実際

産科領域の未承認薬−エビデンスを求めて−

2010年09月号(59巻 09号)

企 画 藤森 敬也
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 産科領域の未承認薬−エビデンスを求めて−
1.胎児肺成熟促進に対する副腎皮質ホルモンの効果
久保 隆彦
2.不育症に対する抗凝固療法
杉浦 真弓
3.妊娠中の経口血糖降下剤使用に関する最近のエビデンス:グリブライドとメトホルミン
安日 一郎
4.妊娠高血圧症候群における降圧剤(ラベタロール、ニカルジピン)
三宅 良明
5.妊娠高血圧症候群におけるアンチトロンビンIIIの効果、低用量アスピリンの妊娠高血圧症候群予防効果
甲斐 克秀
6.硫酸マグネシウムによる妊娠高血圧症候群の治療と、新生児脳障害予防の可能性
正岡 直樹
7.インドメサシン、ニフェジピンの子宮収縮抑制効果
大川 敏昭
8.プロゲステロンの早産既往症例、頚管短縮症例に対する早産予防効果
高橋 秀憲
9.遺伝子組換え活性型第VII因子製剤:産科DIC
室月 淳
10.抗嫌気性菌抗生物質(フラジール・クリンダマイシ)による細菌性腟症治療効果
塩崎 有宏
11.ウリナスタチン
金山 尚裕
12.免疫グロブリンを用いた症候性先天性サイトメガロウイルス感染症の胎児治療
山田 秀人
■今日の話題
呼吸活性を指標とした胚の品質評価−マウス胚移植試験の成績と産子の正常性について
横尾 正樹
子宮における幹細胞
丸山 哲夫
■シリーズで学ぶ最新知識
マイクロRNA
1.産婦人科医としての基礎知識
石橋 宰
■診療
クエン酸クロミフェンによる子宮内膜増殖抑制作用の分子機構
網田 光善
婦人科悪性腫瘍の子宮全摘術および放射線治療後の骨盤内再発に対する骨盤除臓術の臨床的検討
三瀬 裕子
7日目胚盤胞の凍結保存は有用か?
平岡 謙一郎
■臨床経験
経皮吸収エストラジオールゲル剤を用いた凍結胚移植
福井 淳史
マイクロブレイドを用いたAssisted Hatchingの有用性について
服部 裕充
■症例
生殖補助医療により妊娠し前置癒着胎盤となった1例
青木 千津
塩酸リトドリン投与中に高度の好中球減少症を発症し、骨髄穿刺の後、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)投与により速やかに回復した1症例
河原井 麗正
■周産期レポート
経産婦の帝切率の推移
矢沢 珪二郎
■海外文献から
東京慈恵会医科大学産婦人科