産婦人科の実際

産婦人科病態への血管の診断と治療【診断編】

2016年08月号(65巻 08号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 産婦人科病態への血管の診断と治療■診断編
総論
1. 超音波検査
松本 直
2. MRI、MRA
奥田 茂男
3. 血管造影法
ウッドハムス 玲子
4. 電子内視鏡
藤井 多久磨
各論
1. 子宮腫瘍の診断−筋腫と肉腫の鑑別、体癌の筋層浸潤の評価−
西尾 直子
2. 子宮内膜症性嚢胞の癌化、良悪性の鑑別
小林 浩
3. 前置癒着胎盤の診断
種元 智洋
4. 胎児心血管異常の診断
西村 修
■シリーズで学ぶ最新知識
立体的骨盤解剖の理解と腹腔鏡手術へのアプローチ 1. 系統解剖学的視点と外科解剖学的視点に基づいた骨盤解剖
金尾 祐之
■診療
当院で経験した下肢深部静脈血栓症合併妊娠の4例の検討
片山 恵里
わが国の低用量経口避妊薬(OC)/LEP 製剤の処方実態について
間壁 さよ子
■臨床経験
妊娠時における無症状・軽症の筋強直性ジストロフィーの診断に関する検討
萩原 聡子
■症例
妊娠33週1日、重症新生児仮死をきたした臍帯卵膜付着の1例−外出血からのヘモグロビンF測定、診断への応用−
藤田 久子
■海外文献から
腹腔鏡と腹式における広汎子宮全摘術後の早期子宮頸癌の再発の比較
産業医科大学産婦人科
35歳以上の女性における分娩誘発の無作為試験
産業医科大学産婦人科