産婦人科の実際

子宮内膜症・子宮腺筋症−その新しい展開−

2015年07月号(64巻 07号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 子宮内膜症・子宮腺筋症−その新しい展開−
■最新の病因論
1.子宮内膜症におけるエピジェネティクス異常
奈須 家栄
2.子宮内膜症と幹細胞 -出生時子宮出血説-
丸山 哲夫
3.子宮内膜症発症と免疫監視機構
泉谷 知明
4.子宮内膜症の悪性化と分子メカニズム
小林 浩
5.子宮腺筋症の病態におけるepithelial-mesenchymal taransitionの役割
カーン カレク
■治療の方向性
6.子宮内膜症に対するホルモン治療の選択
楠木 泉
7.チョコレート嚢胞に対する手術療法−卵巣機能温存を目指して−
岩瀬 明
8.子宮内膜症に伴う不妊に対する治療指針
千石 一雄
9.子宮腺筋症の妊孕能温存手術
太田 啓明
10.稀少部位子宮内膜症−月経随伴性気胸−
栗原 正利
11.子宮内膜症・腺筋症合併妊娠への対応
近藤 英治
■シリーズで学ぶ最新知識
産婦人科における心理的ケア
2.がんを通して回生する家族−「ともにある」緩和医療を目指して−
堂園 晴彦
■原著
山口県における妊婦の喫煙状況と生活環境についての調査報告
佐世 正勝
■診療
経腟分娩における腟内ガーゼ遺残−兵庫県での実態調査と当科の取り組みについて−
山田 一貴
■臨床経験
月経痛や過多月経に対するアスタキサンチンの効果
中山 毅
■症例
自宅にて意識障害で発見された妊娠子癇の2例
玉内 学志
■海外文献から
子宮内膜症病変ではレチノール酸の産生が低下している
山口大学大学院医学系研究科産科婦人科学
High Mobility Group A (HMGA2)の強制発現により子宮平滑筋細胞が子宮筋腫様組織を形成した
山口大学大学院医学系研究科産科婦人科学