産婦人科の実際

不育症 最前線

2011年10月号(60巻 10号)

企 画 田中 忠夫
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 不育症 最前線
1.不育症overview
齋藤 滋
2.不育症にかかわる遺伝要因、環境要因およびそれらの交互作用
佐田 文宏
3.エピジェネティックな変異と発生異常
久須美 真紀
4.染色体異常と不育症
杉浦 真弓
5.子宮形態異常と不育症
竹下 俊行
6.不育症と内分泌
丸山 哲夫
7.血液凝固異常と不育症
杉 俊隆
8.抗リン脂質抗体と不育症
山本 樹生
9.不育症に対する抗凝固療法
山下 隆博
10.不育症に対する免疫グロブリン療法
山田 秀人
11.同種免疫異常と不育症
高桑 好一
12.不育症(習慣流産)に対する夫リンパ球免疫療法
土橋 麻美子
13.感染症と不育症
相澤(小峯) 志保子
14.ストレス・抑うつと不育症
中塚 幹也
15.化学妊娠と不育症
福井 淳史
■シリーズで学ぶ最新知識
CT・MRI検査の進歩
1.MDCTによる画像診断
北井 里実
■診療
子宮筋腫により誘導される子宮内膜の異常蠕動様運動は妊娠率を低下させる
吉野 修
日本人妊婦の歯周病罹患状態が早産に及ぼす影響
小出 容子
■臨床経験
自然周期採卵・胚移植の成績に関する検討
谷田部 典之
■症例
骨盤位外回転術を施行し成功後に臍帯下垂を認めた1例
松村 創平
海外文献から
HPV遺伝子型解析は子宮頸部前癌病変の進行の推測に有用である:前向きコホート研究
熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学
2009年に世界的大流行したH1N1新型インフルエンザに罹患した妊娠女性の周産期予後に関するコホート研究
熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学