産婦人科の実際

がん・生殖医療の連携体制構築へ向けて

2015年08月号(64巻 08号)

企 画 杉本 公平、岡本 愛光
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 がん・生殖医療の連携体制構築へ向けて−いま、私たちにできること−
1. 妊孕性温存医療技術の進歩と今後の展望
橋本 周
2. がん・生殖医療連携体制の国内外の動向
高江 正道
3. がん・生殖医療における診療科間連携の現状と問題点
東梅 久子
4. がん・生殖医療における職種間連携の現状と問題点
山崎 圭子
5. がん・生殖医療における施設間連携の現状と問題点
岡本 恵理
6. 乳がん患者における医療連携の現状と問題点
北野 敦子
7. がん・生殖医療の連携における看護師の役割
森 明子
8. がん・生殖医療の連携における心理士の役割
岩満 優美
9. がん・生殖医療の連携における遺伝カウンセラーの役割
田村 智英子
10. がん・生殖医療における学会間の連携 −日本生殖心理学会の取り組み:がん・生殖専門心理士およびがん・生殖医療専門コーディネーターの養成−
高見澤 聡
11. がん・生殖医療における地域連携の現状と問題点
古井 辰郎
12. がん・生殖医療におけるシェアード・ディシジョン・メイキング
杉森 裕樹
13. がん・生殖医療における精神的サポートでの連携
杉本 公平
■今日の話題
新しい腫瘍マーカーHE4の卵巣癌診断への応用
木村 英三
■シリーズで学ぶ最新知識
産婦人科における心理的ケア
3.生殖医療での精神的サポート
杉本 公平
■診療
妊娠糖尿病と妊娠・周産期合併症との関連
山口 恵理子
ART によって挙児するためにはいくつの卵子が必要なのか?
羽原 俊宏
■臨床経験
子宮頸部上皮内腫瘍(cervical intraepithelial neoplasm)に対する全腹腔鏡下子宮全摘術の有用性に関する検討−尿管損傷を避ける工夫−
早坂 篤
ガラス化胚盤胞融解後移植の臨床的有用性と安全性について −14年間、8440周期、2757出生児の集計結果より−
向田 哲規
■症例
高アミラーゼ血症を伴った胆石合併妊娠の1症例
吉野 明博
■海外文献から
再発卵巣チョコレート嚢胞に対する嚢胞摘出術は、初回手術よりも健常卵巣組織や卵巣予備能を害する
山口大学大学院医学系研究科産科婦人科学
GOGO218試験における卵巣癌治療での神経毒性についての検討
山口大学大学院医学系研究科産科婦人科学