眼科

緑内障の診療

2014年12月号(56巻 13号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 緑内障の診療
序論
岸 章治
1.乳頭のみかたと視野
柳 昌秀
2.緑内障の疫学と遺伝子
齋藤 瞳
3.進行を決定する因子
山本 哲也
4.薬物療法
井上 賢治
5.手術
谷戸 正樹
■綜説
眼疾患の遺伝子診断の実情(商業ゲノムデータベースを含む)
布施 昇男
■細胞生物学から理解する前眼部疾患
6.角膜実質の細胞外マトリックスと角膜の透明性
宮本 武
■加齢黄斑変性 臨床の疑問
疑問6. 遺伝子検査はAMD診療にどのように利用できるのか?
森 圭介
■臨床報告
Nocardiaが原因菌として推定された内因性網膜下膿瘍の1例
反田 茉莉
EDI-OCTで脈絡膜肥厚を認めた高血圧脈絡膜症
伊藤 はる奈
■学会抄録
第120回京都眼科学会
■2014年総索引