眼科

緑内障点眼薬の基礎と臨床

2016年11月号(58巻 12号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 緑内障点眼薬の基礎と臨床
序論
富田 剛司
1. プロスタグランジン関連薬の基礎
坂田 礼
2. プロスタグランジン関連薬の臨床
地庵 浩司
3. β遮断薬の功罪
柏木 賢治
4. 炭酸脱水酵素阻害薬追加点眼の効果(合剤を含めて)
井上 賢治
5. 交感神経α2刺激薬の臨床
榎本 暢子
6. ROCK阻害薬の基礎
井上 俊洋
■綜説
色覚異常検診の歴史
矢野 喜正
■小児眼科疾患
2. 小児ロービジョンケア
伊藤 里美
■臨床報告
眼内レンズ挿入術後3か月で両眼の前嚢切開窓が閉鎖した糖尿病網膜症眼
白井 久美
■私の経験
白内障術後に角膜穿孔をきたした1例
辻川 睦