眼科

論文作成・講演発表のありかた

2011年01月号(53巻 01号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 論文作成・講演発表のありかた
序論
澤 充
1.論文作成・講演発表のコツ
澤 充
2.研究倫理審査ガイドライン−原著論文の書きかた
柏井 聡
3.利益相反とは
西田 輝夫
4.図表の作成
庄司 純
5.文献引用と文献検索
崎元 暢
■表紙の解説
三島濟一先生
澤 充
■展望
眼腫瘍の展望−2005〜2006年度−
辻 英貴
■黄頁の知識
腫瘍関連網膜症
小口 芳久
■綜説
悪性腫瘍関連網膜症
大黒 浩
ハイドロゲルバックル材料マイラゲルと晩期合併症
今井 雅仁
■原著
組織学的に木質結膜炎と診断された1例
松崎 祥子
■臨床報告
Rubinstein-Taybi症候群に発達緑内障遅発型を合併した1例
立花 敦子
若年近視眼の片眼乳頭出血の1例
藤田 陽子
特発性傍中心窩網膜毛細血管拡張症group 2Aの1症例
中島 基宏
淋菌結膜炎との鑑別を要した新生児モラクセラ結膜炎−いわゆる偽淋菌結膜炎−
渡辺 純子
■学会抄録
第117回兵庫県眼科医会学術集談会