眼科

網膜剥離診療

2014年08月号(56巻 09号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 網膜剥離診療
序論
飯島 裕幸
1.病態、術前準備、検査、術後注意指導
西脇 弘一
2.予防レーザー光凝固術
石田 政弘
3.バックリング手術
塚原 逸朗
4.硝子体手術(PVR症例を除いて)
國方 彦志
5.増殖硝子体網膜症
鈴間 潔
6.黄斑円孔網膜剥離
家久耒 啓吾
■綜説
緑内障ロングチューブシャント手術
千原 悦夫
■細胞生物学から理解する前眼部疾患
4.結膜瘢痕を理解する
山中 修
■加齢黄斑変性 臨床の疑問
疑問4.抗VEGF剤の初回毎月投与は必要か?
安川 力
■臨床報告
27年間の長期にわたり経過観察することができた遷延型Vogt-小柳-原田病の1例
二出川 裕香
翼状片の自然退縮を認めた1例
久保 里奈
光凝固療法のみで長期に経過観察し、視力経過が良好であったピット黄斑症候群の1例
住岡 孝吉
■私の経験
光干渉断層計による長期観察が可能であった網膜動脈分枝閉塞症の1例
岡本 紀夫