眼科

眼科医と眼鏡処方

2011年08月号(53巻 08号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 眼科医と眼鏡処方
序論
三村 治
1.眼科医による眼鏡処方の重要性
梶田 雅義
2.眼鏡の特性
三井 義秋
3.小児に対する眼鏡処方
内海 隆
4.複視に対する眼鏡処方
三村 治
5.老視に対する眼鏡処方
永田 竜朗
■表紙の解説
ご指導を受けた井街先生の思い出
山本 節
■新しい展望
網膜静脈閉塞症黄斑浮腫に対するベバシズマブ硝子体注射治療(IVB)
飯島 裕幸
■網膜硝子体手術メンタル編
126.東日本大震災に思う−日本古来の倫理を見つめる−
出田 秀尚
■より良い診療を目指して 他診療科との連携
18.小児のぶどう膜炎
稲毛 康司
■原著
コンタクトレンズ装用者に発症した緑膿菌角膜炎23例の臨床所見の検討
中島 基宏
■臨床報告
ラニビズマブ硝子体内注射後に眼内炎をきたした1例
岩切 亮