眼科

眼精疲労を科学する

2009年04月増大号(51巻 04号)

企 画
定 価 4,752円
(本体4,400円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 眼精疲労を科学する
序論
坪田 一男
1. VDTと眼精疲労
内野 美樹
2. 眼精疲労の測定方法と評価 −CFFとAA-1−
岩崎 常人
3. ストレスと眼精疲労
梶本 修身
4. 調節力障害と眼精疲労
浅川 賢
5. 眼精疲労の緩和法(温罨法)
高橋 洋子
■表紙の解説
原田病(Vogt-小柳-原田病)4.
菅谷 哲史
■展望
視力・屈折・調節の展望 −2006年度−
大野 京子
■総説
アレルギー治療薬
稲田 紀子
■網膜硝子体手術メンタル編
112. 病気と共に生きる
井田 秀尚
■神経眼科疾患
1. 抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎
田中 恵子
■原著
落屑緑内障と原発開放隅角緑内障との前嚢収縮率における比較
平島 みほ
■臨床報告
視力良好な網膜中心動脈閉塞症の1例
上田 美子
■第62回日本臨床眼科学会印象記
一般口演「眼瞼・甲状腺眼症」
三村 治
一般口演「緑内障手術1」
白土 城照
一般口演「ぶどう膜炎の統計的考察」
藤野 雄次郎
一般口演「医療・医政・その他」
松下 卓郎
一般口演「緑内障画像解析」
富田 剛司
一般口演「網膜・硝子体画像解析1」
岸 章治
一般口演「網膜・硝子体画像解析2」
大谷 倫裕
一般口演「加齢黄斑変性関連疾患病態」
佐藤 拓
一般口演「加齢黄斑変性関連疾患治療1」
白木 邦彦
一般口演「加齢黄斑変性関連疾患治療2」
森 隆三郎
一般口演「外眼部炎症・術後眼内炎」
山田 愛
一般口演「ARN 治療・サルコイドーシス治療」
竹内 大
一般口演「緑内障視野・検診」
岩瀬 愛子
一般口演「緑内障(その他)」
生杉 謙吾
一般口演「ロービジョン・色覚・電気生理」
田淵 昭雄
一般口演「眼腫瘍1」
柏木 広哉
一般口演「眼腫瘍2」
立松 良之
一般口演「角結膜手術」
山田 昌和
一般口演「角結膜検査」
近間 泰一郎
一般口演「屈折・視機能(その他)」
清水 公也
一般口演「黄斑前膜」
桐生 純一
一般口演「黄斑円孔治療」
寺崎 浩子
一般口演「網膜静脈閉塞疾患」
池田 恒彦
一般口演「網膜静脈分枝閉塞症1」
柴 友明
一般口演「網膜静脈分枝閉塞症2」
飯島 裕幸
一般口演「多焦点眼内レンズ」
ビッセン 宮島 弘子
一般口演「ベーチェット病抗体療法の成績」
川島 秀俊
一般口演「結膜・マイボーム腺」
天野 史郎
一般口演「小切開硝子体手術」
門之園 一明
一般口演「近視性脈絡膜新生血管」
日下 俊次
一般口演「糖尿病網膜症病態」
石田 晋
一般口演「糖尿病網膜症治療1」
北岡 隆
一般口演「糖尿病網膜症治療2」
堀 貞夫
一般口演「眼窩底骨折」
矢部 比呂夫
一般口演「眼内レンズ特性」
佐々木 洋
一般口演「眼表面」
高橋 浩
一般口演「白内障手術侵襲,屈折誤差,器械他」
忍田 太紀
一般口演「小児眼科」
仁科 幸子
一般口演「ドライアイ」
高村 悦子
一般口演「角結膜感染・アレルギー」
岡本 茂樹
一般口演「角膜内皮」
久保田 享
一般口演「加齢黄斑変性治療1」
湯澤 美都子
一般口演「加齢黄斑変性治療2」
白神 史雄
一般口演「硝子体手術」
山川 良治
一般口演「網膜・硝子体基礎研究」
村田 敏規
一般口演「網膜・硝子体疾患」
平形 明人
一般口演「緑内障薬物・血流」
吉冨 健志
一般口演「神経眼科」
中村 誠
一般口演「斜視・弱視1」
大月 洋
一般口演「斜視・弱視2」
菅澤 淳
一般口演「チン小帯脆弱」
井上 俊洋
一般口演「涙道1」
永原 幸
一般口演「涙道2」
佐々木 次壽
一般口演「視機能・調節」
山口 剛史
一般口演「水晶体診断、疫学、病因」
茨木 信博
一般口演「屈折矯正手術」
加藤 直子
一般口演「眼炎症病態理解」
安積 淳
一般口演「ウイルス診断/強膜炎治療」
内尾 英一
一般口演「稀有な症例/眼内リンパ腫の治療」
大黒 伸行
◇情報の多くは目を通して獲得されるといわれます。今日のような情報過多社会では目の疲労は避けては通れない課題のはずですが、どちらかというと多くの眼科医にとっては己自身に症状でもない限り、忌避しがちな領域ではないでしょうか。今月の特集ではドライアイからみたVDTと眼精疲労の関係、眼精疲労の客観的評価法、自律神経機能を見据えたストレスと眼精疲労の関係、調節力障害と眼精疲労、そして温罨法による緩和法について詳細に紹介されています。個人的にはエイジングによる調節力の減退、ドライアイ、さらには心身のストレスなど眼精疲労発生の要因をすべて満たしており、こりゃ目も疲れるわけだと妙に納得させられました。これからは自ら温罨法を実践して癒し効果を確認していこうと思います。

◇さて、今年度の『眼科』は小柳美三教授と原田永之助博士の業績を讃え、Vogt−小柳−原田病関連の図譜が毎号の表紙を飾っております。菅谷先生と澤教授による今月の表紙の解説によると、東北大学の眼科教授であった小柳先生は、あの新撰組の近藤 勇と血縁関係にあるとのこと。この意外な関係に驚かされるとともに、厳格で孤高の学者としての旧帝大教授像が浮かんでまいります。

◇進学や入社など、フレッシュな人材が世に羽ばたく4月は当事者ならずとも正月以来の再チャージの季節でもあります。新たな気持ちで春を迎えましょう。

(後藤 浩・記)