眼科

Imagingの進歩と神経眼科疾患

2020年08月号(62巻 08号)

企 画
定 価 3,080円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 正誤表
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 Imagingの進歩と神経眼科疾患
序論
石川 均
1.MRI描出の差による視神経疾患の鑑別
橋本 雅人
2.視神経疾患診療におけるOCTの役割
畑 匡侑
3.LSFGによる視神経疾患の診断
前久保 知行
4.MRIによる脳内神経変性の描出
吉田 正樹
■綜説
甲状腺眼症とMRI評価
神前 あい
マイボーム腺と角膜
鈴木 智
■機器・薬剤紹介
49.ゴニオスコープGS-1(ニデック)
北 善幸
■手術のコツとトラブルシューティング:緑内障編
3.緑内障・白内障同時手術
岩崎 健太郎
■原著論文
視覚障害認定基準改正前後の等級とFunctional Vision Score
中川 浩明
緑内障患者通院継続支援システム導入による緑内障患者の通院継続率に及ぼす影響
田中 敏博
■症例報告
若年者にみられたフリクテン型マイボーム腺炎角結膜上皮症の2例
木村 芽衣子
内境界膜翻転法による黄斑円孔閉鎖後に黄斑上膜が発生した1例
竹島 圭悟