眼科

分子標的薬と眼

2019年04月号(61巻 04号)

企 画
定 価 3,024円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 分子標的薬と眼
序論
飯島 裕幸
1. 分子標的薬総論(抗体医薬と核酸医薬)
中間 崇仁
2. 抗VEGF剤の眼科応用の現状:AMD
大中 誠之
3. 抗VEGF剤の眼科応用の現状:黄斑浮腫治療
村上 智昭
4. 抗VEGF剤の眼科応用の現状:未熟児網膜症
近藤 寛之
5. 新規抗VEGF薬
野崎 実穂
6. TNF阻害薬
高瀬 博
■綜説
再考 円錐角膜に対するハードコンタクトレンズの処方
糸井 素純
分層黄斑円孔と黄斑偽円孔のあたらしい捉え方−En face画像を用いた網膜牽引の評価と分類−
平野 雅幸
DDSによる網膜疾患治療
嶋澤 雅光
■機器・薬剤紹介
36. Ab internoトラベクロトミーマイクロフック
谷戸 正樹
■眼瞼を診る
13. 眼瞼内反と眼輪筋手術
田中 才一
■原著
全層角膜移植術後の外傷性眼球破裂の細隙灯顕微鏡検査所見からの予後の検討
岩本 菜奈子
■臨床報告
マイトマイシンCを併用したシュレム管外壁開放術併用線維柱帯切開術後に両眼に濾過胞感染を繰り返した1例
太田 友香
奇異性斜頸を呈したmasked bilateral superior oblique palsyの1例
満川 忠宏
ブルートゥ症候群にみられた眼所見
岡本 紀夫