眼科

日常臨床での点眼薬の特徴とコツ

2009年02月号(51巻 02号)

企 画
定 価 2,970円
(本体2,700円+税)
在庫状況 なし
  • 正誤表
  • 定期購読のご案内
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 日常臨床での点眼薬の特徴とコツ
序論
澤 充
1. 抗微生物薬(抗菌薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬)
秦野 寛
2. 抗アレルギー薬(免疫抑制薬を中心に)
庄司 純
3. 副腎皮質ステロイド薬
高瀬 博康
4. 非ステロイド性消炎薬
田川 義継
5. 緑内障薬
吉富 健志
6. 人工涙液、角膜治療薬
望月 弘嗣
■表紙の解説
原田病(Vogt-小柳-原田病)2.
山口 由美子
■展望
硝子体の展望 −2004年度−
広瀬 朝士
■総説
コンタクトレンズの特性と基礎
小玉 裕司
■網膜硝子体手術メンタル編
111. 医療崩壊期の新年に思う
出田 秀尚
■原著
中心窩下に発育した孤立性脈絡膜血管腫の1例
大澤 さやか
■臨床報告
頻回交換コンタクトレンズ装用者における重篤な角膜障害の2例
武藤 哲也
重篤な角膜潰瘍を合併した両眼性淋菌血膜炎の成人の2症例
及川 亜季
■学会抄録
第95回兵庫医科大学眼科オープンカンファレンス