眼科

神経眼科とOCT

2018年11月号(60巻 12号)

企 画
定 価 3,024円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 神経眼科とOCT
1.神経眼科的OCT診断法
三村 治
2.視神経異形成のOCT
石川 裕人
3.視神経炎のOCT
松本 佳子
4.前部虚血性視神経症
前久保 知行
5.遺伝性視神経症はOCTで鑑別できるか
一色 佳彦
6.視交叉・視索病変によるOCTの変化
金森 章泰
7.後頭葉病変によるOCTの長期変化
山下 力
■綜説
眼圧変動と緑内障進行
澤田 明
緑内障配合点眼薬それぞれの特徴や棲み分け
井上 賢治
白内障とサーカディアンリズム
綾木 雅彦
■機器・薬剤紹介
31.トラベクトーム
笠原 正行
■眼科臨床研究における統計学のQ&A
Q5.多変量解析で、たとえばAMD、PCV、RAPなど3つ以上の病型を説明変数にする際にはどのように扱うのが良いでしょうか?
川崎 良
■網膜橋渡し研究アップデート
1.分子標的薬(抗血管新生療法)
栗原 俊英
■臨床報告
球結膜充血と硝子体混濁を呈した成人発症川崎病の1例
田中 公子
■私の経験
抗悪性腫瘍剤であるエルロチニブ塩酸塩(タルセバ)が原因と考えられた角膜穿孔の1例
吉村 彩野