眼科

デジタル化が進む眼科手術

2020年01月号(62巻 01号)

企 画
定 価 3,080円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 デジタル化が進む眼科手術
序論
門之園 一明
1.8Kカメラによる顕微鏡手術の観察:現状と未来
三宅 謙作
2.3D手術の近未来
秋山 邦彦
3.OCTの手術への応用
井上 真
4.白内障手術へのデジタル技術・AIの応用
神谷 和孝
5.深層学習と黄斑手術
伊藤 亜里沙
■綜説
PACDとは?-最近の考え方とその対応法-
酒井 寛
緑内障患者におけるロービジョンケア
川瀬 和秀
網膜橋渡し研究アップデート7.幹細胞治療
崎元 晋
白内障手術のトラブルシューティング3.Descemet膜剥離
小門 正英
■原著論文
低加入度数分節型眼内レンズ挿入眼の測定機器による他覚屈折値の相違
橋本 真佑
■症例報告
脈絡膜浸潤および角膜後面沈着物を認めた急性単球性白血病の1例
塚本 美香
内頸動脈狭窄症に対する内膜剥離術後に糖尿病黄斑浮腫が増悪した1例
岡本 紀夫