整形・災害外科

骨粗鬆症に対する薬物治療の新展開

2009年10月増大号(52巻 11号)

企 画 中村 利孝
定 価 4,752円
(本体4,400円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 骨粗鬆症に対する薬物治療の新展開
骨粗鬆症と糖代謝
山内 美香
骨粗鬆症と脂質代謝
山口 徹
骨粗鬆症と高血圧・動脈硬化
酒井 昭典
骨粗鬆症と喫煙・飲酒
稲葉 雅章
FRAXの開発の経緯とその意義
藤原 佐枝子
FRAXによる骨折リスク評価の実際
細井 孝之
日常診療におけるFRAXの利用法
五來 逸雄
FRAXに含まれない骨折リスク−転倒評価
鈴木 隆雄
転倒予防の取り組みとその効果
山本 智章
FRAXに含まれない骨折リスク−脳血管障害、神経疾患
佐藤 能啓
ビスフォスフォネート週1回製剤の動向
宗圓 聰
新しいビスフォスフォネート製剤
萩野 浩
SERM:ラロキシフェンの日常診療での位置づけと効果・問題点
三木 隆己
副甲状腺ホルモン(PTH)による骨粗鬆症治療
岸本 英彰
カテプシンK阻害薬
甲川 昌和
Denosumab(完全ヒト型抗RANKL抗体)
井上 大輔
ラネル酸ストロンチウム
田中 清
新しいビタミンD誘導体
遠藤 逸朗
ビスフォスフォネートの光と影−ビスフォスフォネートの有用性と顎骨壊死
米田 俊之
ビスフォスフォネートによる骨代謝の過剰抑制と骨折
森 諭史
■Personal View
感性
稲垣 克記
■分子レベルからみた整形外科疾患
一酸化窒素合成酵素システムと骨代謝
佐羽内 研
■新しい医療技術
経皮的ペディクル・スクリュー固定を併用したPLIF
大和田 哲雄
■論究
大腿骨近位部骨折に対する髄内釘固定法の検討−代表的機種の比較
前原 孝
■臨床
Cairdの予測因子を用いた小児化膿性股関節炎および単純性股関節炎の検討
大鶴 任彦
人工股関節全置換術後の片脚立位獲得のための在院日数と影響因子
賀好 宏明
■経験
人工靱帯と自家組織を併用した陳旧性アキレス腱断裂の治療経験
林 寛之
■症例
Mycobacterium aviumによる手関節部屈筋腱滑膜炎の1例
古川 雄樹
橈骨遠位端骨折に続発する長母指伸筋腱皮下断裂に対して固有小指伸筋腱移行を行った1例
白川 健
■医療史回り舞台
医師で詩人の整形外科教授
篠田 達明
■整形外科用語の散歩道
Multifidus muscle/Negative disc exploration/Opera-glass hand
國分 正一
■整形外科手術・私のポイント
人工股関節置換術における前側方進入法
樋口 富士男