産婦人科の実際

最新知識の理解に役立つ 産婦人科医療の変遷と展望

2021年10月号(70巻 10号)

企 画 桑原 慶充
定 価 3,080円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 最新知識の理解に役立つ 産婦人科医療の変遷と展望
周産期
1.出生前遺伝学的検査
関沢 明彦
2.切迫早産の管理と治療
中井 章人
3.一絨毛膜双胎の管理と治療
中田 雅彦
4.産科危機的出血のマネジメント
牧野 真太郎
女性医学
1.器質性月経困難症の管理と治療
若槻 明彦
2.骨盤臓器脱の管理と治療
古山 将康
3.性同一性障害(性別不合)の取り扱い
高井 泰
生殖医療
1.ARTにおける調節卵巣刺激法
浜谷 敏生
2.第三者を介する生殖医療
吉村 泰典
3.着床検査
赤枝 俊
婦人科腫瘍
1.子宮頸がん予防
宮城 悦子
2.婦人科悪性腫瘍における低侵襲手術
関山 健太郎
3.進行卵巣癌の薬物療法
川畑 絢子
■診療
進行再発卵巣癌に対するレジメン選択-三海婦人科癌スタディグループ(SGSG)アンケート調査結果-
澁谷 剛志
■臨床経験
MISで腫瘍細胞飛散を回避する -出血させず時短で腟カフを閉鎖する方法-
出浦 伊万里
■症例
経腟走査超音波断層法で発見・診断し、治療を行った子宮静脈血栓症の1例
佐々木 純一
■海外文献から
・先天性心疾患の出生前診断と妊娠終了について
東京女子医科大学
・原因不明の不妊症に対し、卵巣刺激薬としてゴナドトロピン、クロミフェン、レトロゾールを使用した際の子宮内膜厚とその結果について
東京女子医科大学