産婦人科の実際

迫り来る2020 新規保険収載へのロードマップと適正運用

2019年10月号(68巻 11号)

企 画 馬場 長
定 価 3,080円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 迫り来る2020新規保険収載へのロードマップと適正運用
総論
1.社会保険委員会の役割
北脇 城
2.外保連系改定申請のポイント-腹腔鏡下広汎子宮全摘出術における先進医療、保険適用へのロードマップ-
小林 栄仁
各論:内保連
3.子宮内膜症管理料
甲賀 かをり
4.細胞診精度管理料および婦人科子宮頸部細胞診自動判定加算その他の改定要求項目
佐藤 誠也
5.高年妊娠分娩管理加算
橋口 和生
6.母体・胎児集中治療室加算
市塚 清健
7.淋菌・クラミジア検査の算定要件拡大および今後の性感染症診断加算達成に向けての戦略
野口 靖之
各論:外保連
8.ロボット支援仙骨腟固定術
西 洋孝
9.新しい子宮鏡手術(電解質溶液利用)とさらなる展望
谷村 悟
10.腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術
寺井 義人
11.ロボット支援下広汎子宮全摘術
堀江 昭史
12.婦人科悪性腫瘍のセンチネルリンパ節生検保険収載に向けて
山上 亘
13.産婦人科手術・検査の増点・適用拡大
西井 修
■原著
帝王切開に術前浣腸は必要か−有用性を評価した前方視的研究−
中村 友紀
■診療
当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の後方視的検討
森 繭代
■臨床経験
子宮内膜保護の観点からみた流産手術における手動真空吸引法(MVAキット)の有効性
柿沼 敏行
■症例
難治性尖圭コンジローマに対し補中益気湯が奏効した全身性エリテマトーデスの1例
長船 綾子
■海外文献から
・早期子宮頸癌に対する低侵襲広汎子宮全摘術の治療成績
東京医科歯科大学
・器械的経腟分娩における抗菌薬の予防投与:多施設ランダム化比較試験
東京医科歯科大学