産婦人科の実際

日本の周産期事情 update-出生コホート研究からわかったこと-II

2020年02月号(69巻 02号)

企 画 西郡 秀和
定 価 3,080円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 日本の周産期事情 update−出生コホート研究からわかったこと−II
各論
9.婦人科良性疾患と周産期メンタルヘルス
渡邉 善
10.親の体格と児の出生体重
高木 香津子
11.周産期・乳幼児期の環境と子どものアレルギー・気管支喘息
山本 貴和子
12.周産期の環境と乳幼児の神経発達
田井中 華恵
13.マタニティログ調査-日々のライフログと多層オミックス情報を用いたAI技術による周産期疾患の早期発症予測-
菅原 準一
14.東北コホート調査
仲井 邦彦
15.2001年開始の前向き出生コホート研究(北海道スタディ)からの知見−環境化学物質による出生体格と臍帯血ホルモン濃度への影響−
湊屋 街子
■今日の話題
医療分野におけるスマートフォンの活用
田中 佑典
■診療
卵巣術後早発卵巣不全の不妊治療と卵巣機能に着目した卵巣術後管理について
古谷 正敬
■臨床経験
当院で胎盤用手剥離術を要した症例の臨床像
鈴木 美沙子
当センターにおける卵子提供妊娠の患者背景、産科合併症と周産期転帰
倉員 正光
■症例
母体の男性化徴候を呈した黄体化過剰反応の1例
近藤 恵美
成熟嚢胞性奇形腫に起因する化学性腹膜炎を生じた2症例
中村 秋穂
■海外文献から
・低用量エストロゲン・プロゲスチン(LEP)配合薬の連続投与と周期投与の静脈血栓塞栓症(VTE)に対する危険性
東北医科薬科大学
・妊娠期間と子宮体癌のリスク
東北医科薬科大学