産婦人科の実際

内膜を極めるII―婦人科疾患の治療と内膜機能―

2020年11月号(69巻 11号)

企 画 堤 治、久須美 真紀
定 価 3,080円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 内膜を極めるII−婦人科疾患の治療と内膜機能−
1. 子宮内膜癌の機能温存療法
進 伸幸
2. 広汎子宮頸部摘出術と子宮内膜機能
西尾 浩
3. 子宮内膜の保護に配慮した子宮筋腫、子宮腺筋症核出術
明樂 重夫
4. 子宮鏡手術から考える子宮内膜の温存と破壊
井上 滋夫
5. 子宮内膜蠕動様運動と子宮筋腫
吉野 修
6. 帝王切開瘢痕症候群の子宮鏡所見−腹腔鏡用4Kビデオシステムによる「内視鏡生体解剖学」−
谷村 悟
7. 外来子宮鏡の実際
野見山 真理
8. 新しいシェーバー型硬性子宮鏡TruClearTMシステムの実際
土谷 聡
9. 新しい子宮鏡手術システム:Tissue removal deviceの使用経験
齊藤 寿一郎
10. 流産手術における手動真空吸引(MVA)の有用性
本田 徹郎
■診療
早期子宮体癌におけるロボット支援下手術の治療成績−腹腔鏡下手術との比較−
青木 卓哉
■臨床経験
当院で周産期管理を行った胎盤嚢胞の3例−FGR合併についての臨床病理学的検討−
登村 友里
■症例
MRI検査を経時的に施行した嚢胞変性を伴う17.2 kgの巨大子宮筋腫の1例
大塚 伊佐夫
■海外文献から
リンパ節転移陽性のハイリスク早期子宮頸癌に対する術後放射線治療の集団的傾向と成果:同時化学放射線療法と放射線単独治療の比較
国際医療福祉大学病院
不正出血のある女性における子宮内膜癌と子宮内膜上皮内腫瘍のリスク評価と管理アルゴリズムについて
国際医療福祉大学病院