小児科

小児の鎮静

2021年09月号(62巻 09号)

企 画
定 価 3,080円
(本体2,800円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児の鎮静
1.小児の鎮静と医療安全
久我 修二
2.救急外来での小児の鎮静
萩原 佑亮
3.集中治療室での小児の鎮静
小泉 沢
4.心臓カテーテル検査室における小児の鎮静・麻酔
正谷 憲宏
5.画像検査時の鎮静
加久 翔太朗
6.小児の鎮静と新しいモニタリング
荻原 重俊
■目で見る小児科
自然経腟分娩で発症した帽状腱膜下血腫
岩崎 茜
■綜説
「小児の咳嗽診療ガイドライン2020」の解説
吉原 重美
けいれん重積型(二相性)急性脳症(AESD)の病態・診断・治療
高梨 潤一
血友病と移行期医療
長江 千愛
小児リウマチ領域の専門性と海外フェローシップについて
赤峰 敬治
■トピックス
日本に滞在する外国人へのプライマリケアにおける問題点の考察
有井 みのる
ネブライザー吸入療法の工夫に関する研究
河上 千尋
■連載 最近の外国業績より
アレルギー
日本医科大学小児科学教室
(1)食物アレルギーと喘息におけるノーターゲットメタボロミクスプロファイリングによる疾患特異的シグネチャーの同定
(2)経口免疫療法におけるオマリズマブの用量関連効果の決定要因の検討:181名のコホート研究からのエビデンス
(3)早期人工乳栄養開始によるミルクアレルギー発症抑制に関するランダム化比較試験
(4)成人期および青年期のコントロール不良重症喘息におけるテゼペルマブ