小児科

小児医療における診断・治療の進歩2018

2018年11月増大号(59巻 12号)

企 画
定 価 4,752円
(本体4,400円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児医療における診断・治療の進歩2018
I 診断技術
1.着床前診断
中岡 義晴
2.先天異常疾患のゲノム異常解析
朽方 豊夢
3.微生物検査における質量分析(MALDI-TOF MS)の導入と臨床へ及ぶインパクト
森永 芳智
4.造血器腫瘍に対する分子遺伝学的診断
津村 悠介
5.小児がん・膠原病のPET検査
高桑 麻衣子
6.神経芽腫の遺伝子検査
家原 知子
7.心臓超音波検査−最近の進歩
高橋 健
8.植込み型ベーシング機器の遠隔診断−モニタリング
竹内 大二
9.胎児心臓超音波検査−どこまでわかるか
石井 徹子
10.小児におけるMDCT−効用と注意点
大山 伸雄
11.心疾患におけるMRI−最新の技術
椎名 由美
12.小児死亡事例におけるオートプシー・イメージング(Ai)
石田 尚利
II 治療技術
13.小児に対するファーマコゲノミクス検査
宮地 勇人
14.先天性聴覚障害に対する人工内耳治療
松本 希
15.代表的な母斑症(神経皮膚症候群)−神経線維腫症1型、結節性硬化症、Noonan症候群、Sturge-Weber症候群、先天性巨大色素性母斑・神経皮膚黒色症
武内 俊樹
16.新生児低酸素性虚血性脳症に対する低体温療法
小畑 慶輔
17.一絨毛膜双胎に対する胎児鏡治療
石井 桂介
18.胎児治療
和田 誠司
19.Fallot四徴症に対する再手術、経カテーテル弁留置
杉山 央
20.小児人工心臓の現状と展望
西中 知博
21.心臓再同期療法−どこまでなおせるか
安河内 聰
22.心房中隔欠損に対するカテーテル治療
杉山 央
23.疾患特異的iPS細胞を用いた遺伝子治療・個別化医療
池原 甫
24.Duchenne型筋ジストロフィーのエクソンスキッピング誘導治療とリードスルー誘導治療
小牧 宏文
25.Niemann-Pick C型に対するミグルスタットを用いた治療
成田 綾
26.肝移植による代謝疾患の治療
佐々木 健吾
27.造血器腫瘍に対するCAR-T細胞療法
中沢 洋三
28.小児難治性悪性腫瘍に対するWT1ペプチドワクチン療法
橋井 佳子
29.小児難治性悪性腫瘍に対する重粒子線治療
今井 礼子
30.食物アレルギ一治療最前線
今井 孝成
31.小児難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ療法
貝藤 裕史
32.脊髄性筋萎縮症(SMA)に対するヌシネルセン
斎藤 加代子
■最近の外国業績より
消化器
日本医科大学小児科学教室
※編集の都合により、一部変更される場合があります