小児科

溶連菌感染症を見直す

2018年10月号(59巻 11号)

企 画
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 溶連菌感染症を見直す
1. 日本における溶連菌感染症の疫学
西 順一郎
2. 溶連菌感染症の歴史
渡邊 真弥
3. 溶連菌の細菌学的特徴
佐藤 法仁
4. 猩紅熱
山崎 勉
5. 溶連菌感染後急性糸球体腎炎
西野 智彦
6. リウマチ熱と溶連菌感染後反応性関節炎
重盛 朋子
7. 劇症型溶血性レンサ球菌感染症
星野 恵美子
8. IgA血管炎
堀場 千尋
9. B群溶連菌感染症の現在とこれから
岡田 広
10. 皮膚感染症
山崎 修
■目で見る小児科
SAPHO症候群の1例
宇野 浩史
■綜説
遺伝性尿細管機能異常症のup to date
三浦 健一郎
■診療
CAR-T細胞療法−遺伝子改変T細胞を用いた新しいがん治療
今井 千速
■症例
出生時に口腔内腫瘍を認め先天性エプーリスと診断した1例
大崎 雅則
Microgeodic diseaseの1例
横山 宏司
肺高血圧、両心不全をきたした重症閉塞性睡眠時無呼吸の1例
片山 宏祐
■最近の外国業績より
神経
日本医科大学小児科学教室