小児科

新生児・乳児消化管アレルギーの臨床と病型分類

2018年02月号(59巻 02号)

企 画
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 あり
  • 定期購読のご案内
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 新生児・乳児消化管アレルギーの臨床と病型分類
1. 疾患概念
野村 伊知郎
2. 診断と治療および予後
木村 光明
3. クラスター分類
高増 哲也
4. 重症度の判定と検査所見
八木 久子
5. 食物負荷試験と重症度分類
田知本 寛
6. 消化管内視鏡検査の有用性
南部 隆亮
7. 診断治療困難な症例への対応
大塚 宜一
■綜説
小児科医のための腎クリアランス基本講義
高橋 昌里
心エコーによる心機能評価の考え方
増谷 聡
職域における麻疹・風疹対策の課題−産業医の立場から
増田 将史
■診療
夜尿症の概念と診療の実際−診療ガイドライン2016とその後
大友 義之
■小児保健
薬剤師の視点から考える小児感染症診療
諏訪 淳一
■トピックス
小児副鼻腔炎50症例における合併症の検討−頭蓋内合併症例を中心に
中村 昭宏
■症例
熱性けいれん重積に伴う神経原性肺水腫の2例
鈴木 知子
難性中耳炎・頚部リンパ節腫脹を契機に発見された播種性結核の2歳女児例
佐々木 宏太
■最近の外国業績より
栄養・代謝・内分泌
日本医科大学小児科学教室