小児科

子どもと漢方 ― 日常診療に役立つ考え方・使い方

2020年03月号(61巻 03号)

企 画
定 価 2,970円
(本体2,700円+税)
在庫状況 あり
  • 正誤表
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

子どもと漢方−日常診療に役立つ考え方・使い方
1.小児漢方のevidence-based medicine(EBM)
堀田 広満
2.小児漢方治療の現状
渡辺 悠紀
3.小児科医が漢方薬を使うポイント
崎山 武志
4.漢方薬を飲ませるための工夫
坂崎 弘美
5.漢方薬を子どもに使う際に注意すること
川原 央好
6.小児呼吸器疾患
森 蘭子
7.インフルエンザ
黒木 春郎
8.小児の腹痛
上田 晃三
9.小児便秘症
秋山 卓士
10.頭痛
松田 正
11.起立性調節障害
和田 啓介
■綜説
パレコウイルスA感染症−診断とこれからの課題
齋藤 昭彦
■診療
日常診療における魚・甲殻類・魚卵・果物アレルギーの診断
中島 陽一
■小児保健
Down症幼児をもつ母親の心理とソーシャルサポート
水内 豊和
■社会小児科学
災害時小児周産期リエゾン−静岡県における平時からのリエゾン活動
大石 彰
■症例
トスフロキサシン内服中に認めた低血糖性昏睡の1例
横山 宏司
■連載 最近の外国業績より
境界領域
日本医科大学小児科学教室
(1)小児期発症の炎症性腸疾患と精神障害および自殺企図のリスクとの関連
(2)カリフォルニア州の幼稚園児における2つの法律および1つの行政介入と予防接種状況との間の関連性
(3)妊娠中の高用量ビタミンD摂取と子どものエナメル質不足のリスクとの関連
(4)スポーツ関連脳震盪後の思春期アスリートへの有酸素運動療法