手術

腹部ヘルニア手術のすべて

2018年06月増大号(72巻 07号)

企 画
定 価 4,752円
(本体4,400円+税)
在庫状況 あり
  • 正誤表
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 腹部ヘルニア手術のすべて
I.総論
1)鼠径部ヘルニアの分類とガイドライン
嶋田 元
2)鼠径部ヘルニア手術のための解剖(1)−鼠径管・大腿管
末永 泰人
3)鼠径部ヘルニア手術のための解剖(2)−TAPP、TEP、腹膜前到達法を行ううえで必要な解剖知識
佐藤 大介
4)鼠径部ヘルニア合併症の予防と治療
稲葉 毅
5)鼠径部ヘルニアの手術教育
磯部 陽
6)鼠径・腹壁瘢痕ヘルニアの日帰り手術と保険診療
執行 友成
II.成人の鼠径部ヘルニア手術
1)リヒテンシュタイン法
和田 則仁
2)メッシュプラグ法
広津 順
3)女性の鼠径ヘルニアに対するダイレクト・クーゲル法
宮崎 恭介
4)ポリソフト・オンフレックス法−Transinguinal preperitoneal(TIPP)repair with slitted mesh
堀 孝吏
5)ONSTEP法の手術手技
長谷川 拓男
6)TEP法
朝陰 直樹
7)TAPP法
中川 基人
III.特殊な鼠径部ヘルニア手術
1)小児の鼠径部ヘルニア手術−鼠径部切開法
長江 逸郎
2)小児の特殊な鼠径部ヘルニアに対する腹腔鏡手術(LPEC法)
嵩原 裕夫
3)女性の鼠径部ヘルニア手術
金平 文
4)若年男性の鼠径部ヘルニア手術
松原 猛人
5)鼠径部嵌頓ヘルニア手術−鼠径部切開法
伊藤 契
6)再発鼠径ヘルニア手術−鼠径部切開法
渡部 和巨
7)再発鼠径部ヘルニアに対するTAPP法
早川 哲史
IV.腹壁瘢痕ヘルニア手術
1)腹壁瘢痕ヘルニアの予防・診断・治療
蛭川 浩史
2)Component separation法
島田 長人
3)IPOM、IPOM-Plus
山本 海介
4)腹直筋後面・腹膜前留置法
坂田 和規
V.その他のヘルニア手術
1)傍ストーマヘルニア
諏訪 勝仁
2)内ヘルニアの診断と治療
平松 良浩
■手術手技
腹臥位胸腔鏡下食道切除術における反回神経周囲郭清の成績と麻痺を減らす工夫
安部 哲也
膵切除後膵液瘻に伴う仮性動脈瘤形成予防のための手技的工夫−生体吸収材料ネオベール(R)の利用法を中心に
岡田 克也
吊り上げ支持糸を用いたfunctional hybrid anastomosis(FHA-ダイヤ型吻合)による結腸体腔内吻合手技
舩越 徹
■手術症例報告
子宮筋腫への異時性転移を認めた胃癌の1例
稲垣 冬樹
腹腔内を占居する巨大な粘液嚢胞腺腫の1例−腹膜偽粘液腫に進展するかの検討を含めて
康 祐大