手術

腹腔鏡下鼠径部ヘルニア手術の最新手技

2016年10月号(70巻 11号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 腹腔鏡下鼠径部ヘルニア手術の最新手技
腹腔鏡下鼠径部ヘルニア手術の歴史と展望
蜂須賀 丈博
腹腔鏡下鼠径部ヘルニア手術の診断と手術適応−TAPPかTEPか
川原田 陽
TAPP法の解剖
和田 英俊
TAPP法の要点整理−いま一度その基本に立ち返り、再発のない手術を目指す
植野 望
de novo型I型ヘルニアにおけるTAPP法
早川 哲史
鼠径ヘルニアに対する高位腹膜切開アプローチ単孔式TAPP法
田上 和夫
フック型電気メスを用いて行うreduced port TAPP
亀井 文
TEP法の解剖−腹膜外腔とはどこか? TAPPもTEPも解剖は同じです
朝陰 直樹
TEP法の基本
江口 徹
TAPP法からのTEP法導入
亀山 哲章
日帰り手術専門クリニックにおける膨潤麻酔併用による単孔式TEP法
池田 義博
下腹部切開によるTEP法
和田 則仁
■手術手技
食道癌に対する縦隔鏡下根治術:深部縦隔郭清を安全確実に行うための工夫
藤原 斉
膵頭十二指腸切除術におけるマットレス縫合を利用した膵胃吻合の検証
西原 政好
腹腔鏡下大腸手術におけるフック型電気メスを多用した左結腸動脈温存No.253リンパ節郭清手技
松田 明久