運動療法学 第2版

理学療法士養成校の学生が卒業までに学修すべき重要事項を網羅した改訂版

編 集 柳澤 健
定 価 6,696円
(6,200円+税)
発行日 2011/03/01
ISBN 978-4-307-75026-4

B5判・424頁・図数:474枚

在庫状況 あり

理学療法士養成校の学生が卒業までに学修すべき重要事項を網羅した待望の改訂版。「平成22年版理学療法士国家試験出題基準」に準拠し、「ストレッチング」「運動学習」「排尿障害」「廃用症候群」の4項目を追加。第2版では各項目の重要ポイントが一目でわかるよう、該当箇所をアンダーラインで示した。初版同様、見開き左ページに本文、右ページに図表が対となるよう工夫し、イラストも一新。視覚的により理解しやすい紙面構成に。
I.理論と基本技術
 I-1.関節可動域の改善
 I-2.筋力・筋持続力の改善
 I-3.ストレッチング
 I-4.体力の改善
 I-5.協調性の改善
 I-6.バランスの獲得・改善
 I-7.姿勢保持の改善
 I-8.基本動作の獲得・改善
 I-9.歩行の獲得・改善
 I-10.痛みの軽減・除去
 I-11.運動学習
 I-12.運動発達の促進
 I-13.バイオフィードバック療法

II.障害領域の運動療法
 II-1.整形外科領域
 II-2.神経内科領域
 II-3.脳外科領域の理学療法
 II-4.小児科・産科領域
 II-5.内科領域
 II-6.外科領域
 II-7.スポーツ傷害の運動療法
 II-8.口腔・嚥下機能
 II-9.平衡機能
 II-10.排尿障害:腹圧性尿失禁に対する運動療法
 II-11.廃用症候群

III.保健福祉領域の理学療法
 III-1.高齢者と理学療法
 III-2.保険領域の理学療法
 III-3.福祉領域の理学療法

IV.理学療法の特殊技能
 IV-1.PNFアプローチ
 IV-2.ボバースアプローチ 
 IV-3.モビライゼーション
 IV-4.IDストレッチング

文献
索引