創傷と痛み 痛みのある皮膚の傷をどう治す? どう対処する?

『創傷・熱傷ガイドライン』策定委員が「傷の痛み」の疑問に答えます!!

編 集 尹 浩信 / 谷岡 未樹
定 価 5,500円
(5,000円+税)
発行日 2013/07/25
ISBN 978-4-307-40051-0

B5判・168頁・図数:69枚

在庫状況 あり

日本皮膚科学会より『創傷・熱傷ガイドライン』が公表された。「創傷」についても医学的エビデンスが蓄積されつつあるが、臨床現場で「創傷の痛み」に悩まされることはしばしば経験される。「なぜ、傷は痛いのか?」「なぜ、傷の痛みを取る必要があるのか?」「傷の痛みにエキスパートはどのように対応しているのか?」.その疑問と秘訣を余すところなく紹介したトータルガイドブック。臨床の第一線で日々「創傷」と戦っておられる医療者に贈る決定版!
はじめに
序論
1.創傷の痛みは何のためにあるのか?
 はじめに
 1痛みは第5のバイタルサイン?
 2創傷の痛みの存在意義
 3創傷の痛みがないと何が起こるのか
 4慢性創傷における慢性疼痛の存在意義
 5医療者と患者の痛みを介してのコミュニケ−ション
 まとめ
2.創傷の痛みになぜ配慮する必要があるのか?
 はじめに
 1痛みの研究治療の潮流
 2慢性の疼痛が創傷治癒に与える影響に関するエビデンス
 3慢性疼痛を放置すると何が起こるのか
 4どうしたら慢性疼痛が制御できるか? チ−ム医療による介入
 まとめ

総論─痛みと創傷の関係
1.創傷処置と痛みに関するコンセンサスガイドラインについて─世界の潮流
 はじめに
 1創傷と痛みに関するガイドラインの流れ
 2Principles of Best Practice 2008
 3Principles of Best Practice 2008の10項目
 4その後のガイドラインの流れ
2.痛みの種類─侵害受容性疼痛,神経因性疼痛(アロディニア)含む
 はじめに
 1「痛み」の種類
 2創傷における侵害受容性疼痛発症機序
 まとめ
3.痛みの評価法─各種の疼痛スケ−ルを用いたアセスメント
 はじめに
 1痛みを評価する目的
 2痛みの評価
 3痛みの評価法
 4痛みの再評価
4.痛みストレスが創傷治癒に与える影響
 はじめに
 1ストレスと創傷治癒
 2ストレスが創傷治癒に影響を及ぼすメカニズム
 おわりに
5.わが国の『創傷・熱傷ガイドライン』における痛みの取り扱い
 はじめに
 総論
 1「創傷一般」
 各論
 1褥瘡
 2糖尿病性潰瘍・壊疽
 3膠原病・血管炎に伴う皮膚潰瘍
 4下腿潰瘍・下肢静脈瘤
 5熱傷
6.創傷と処置に関する俗説について
 はじめに
 1創傷処置と痛み
 2閉塞性ドレッシング
 3外用薬、ドレッシング材による創の被覆と疼痛
 4いわゆる"ラップ療法"と痛みとの関係
 5消毒と疼痛との関係
 まとめ

各論I─薬物で痛みに対処する
1.創傷による痛みの治療─概要
 はじめに
 1急性創傷による痛み(急性疼痛)と薬物療法
 2慢性創傷による痛み(慢性疼痛)と薬物療法
2.創傷痛に対するアセトアミノフェンの使用について
 はじめに
 1鎮痛剤の分類
 2アセトアミノフェンの歴史
 3アセトアミノフェンの作用機序
 4アセトアミノフェンの体内動態
 5アセトアミノフェンの剤形,適応症,使用量
 6アセトアミノフェンの副作用
 7アセトアミノフェン中毒
 8妊婦および妊娠可能性のある女性への投与
 9アセトアミノフェンと他の鎮痛剤との併用
 10アセトアミノフェン使用のポイント
3.NSAIDs
 1創傷治療における非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用
 2炎症による痛みの発現
 3生体保護・炎症反応におけるCOXの働き
 4NSAIDsの副作用と使用時の留意点
4.創傷痛とトラマド−ル
 はじめに
 1炎症痛と下行性抑制系
 2オピオイドの作用部位
 3トラマド−ルの特徴
 4トラマド−ルとアセトアミノフェンの合剤
 5トラマド−ルと帯状疱疹の痛み
 まとめ
5.オピオイド
 1オピオイドとは
 2オピオイドの作用機序
 3皮膚損傷時のオピオイドの効果―動物実験での結果
 4熱傷による痛みとオピオイド
 5各オピオイドの特徴
 6末梢オピオイドによる鎮痛以外の効果
 おわりに
6.その他の薬物
 1創傷局所の痛みの軽減
 2薬物による局所の痛みの軽減
 310%アミノ安息香酸エチル軟膏
 4被覆材料による局所の痛みの軽減
 5潰瘍を伴う下腿?足部のマッサ−ジ時の痛みの軽減
 6外用麻酔薬の禁忌・注意事項
7.神経ブロックを中心とした治療
 はじめに
 1帯状疱疹の痛みと帯状疱疹後神経痛
 2血流障害による痛み
 まとめ

各論II─処置時の痛みに配慮する
1.処置前におこなう痛みに対する薬物療法(直前内服、局所麻酔)
 はじめに
 1処置時の痛みのメカニズム
 2痛みの種類
 3処置時の薬物療法の目的
 4処置時の薬物療法の実際
 5非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)
 6オピオイド
 7局所麻酔薬
 8鎮静薬
 まとめ
2.デブリ−ドマンの痛みに配慮する
 1創傷治癒におけるデブリ−ドマンの意義および適応
 2デブリ−ドマンの方法
 3デブリ−ドマンに関連した痛みとその対策
 4surgical debridementの痛み対策
 5デブリ−ドマンに際しての心理的配慮
3.局所感染を制御する
 はじめに
 1皮膚創傷への対処の概論
 2局所感染の評価
 3創傷の洗浄方法
 4創傷の消毒方法
 5外用薬の使用
 6ドレッシング材の使用
 7抗菌薬の全身投与
 まとめ
4.処置時の環境整備による痛みの制御
 はじめに:創傷と疼痛の関係
 1処置時の疼痛
 2疼痛と不安の関係
 3不安を与えない環境作り
 おわりに
5.痛みに配慮した創傷被覆材の選択
 1wound bed preparationと創傷被覆材
 2創傷被覆材と痛み
 3痛みに関する創傷被覆材の国際的な評価
 おわりに
6.陰圧閉鎖療法の痛みに対処する
 1陰圧閉鎖療法
 2陰圧閉鎖療法に関連した痛み
 まとめ

各論III─疾患ごとの痛みに対処する
1.熱傷の痛みに対処する
 はじめに
 1熱傷の背景痛に対処する
 2熱傷の処置痛に対処する
 3熱傷の突出痛に対処する
 4熱傷の術後痛に対処する
2.下腿潰瘍/静脈瘤の痛みに対処する
 はじめに
 1下腿潰瘍
 2血栓性静脈炎の対処
 3うっ滞性脂肪織炎の対処
 まとめ
3.膠原病(強皮症)による皮膚潰瘍の痛みに対処する
 1強皮症の皮膚潰瘍の治療に関するエビデンス
 2強皮症の皮膚潰瘍の発症機序
 3全身性強皮症の皮膚潰瘍の痛みの機序
 4全身性強皮症の皮膚潰瘍の痛みへの対処法
4.膠原病(強皮症以外/SLE/皮膚筋炎/RA/血管炎/抗リン脂質抗体症候群)による痛みに対処する
 はじめに
 1全身性エリテマト−デス(SLE)/皮膚筋炎(DM)  125
 2関節リウマチ(RA)
 3血管炎
 4抗リン脂質抗体症候群(APS)
5.褥瘡の痛みに対処する
 はじめに
 1アセスメント
 2創部の処置時の痛みに対処する
 3デブリ−ドマン時の痛みに対処する
 4安静時の痛みに対処する
 5薬剤による痛みのコントロ−ル
6.糖尿病性潰瘍に対する痛みに対処する
 はじめに
 1糖尿病性神経障害の病態
 2糖尿病性神経障害の治療
 3神経障害に起因する糖尿病性潰瘍の治療
 おわりに
7.放射線皮膚障害の痛みに対処する
 1放射線皮膚障害とは
 2臨床症状
 3重症度分類
 4治療
 5放射線皮膚障害における痛み
8.コレステリン塞栓症の痛みに対処する
 1疾患概念、原因
 2皮膚症状
 3他の臓器症状
 4治療
9.帯状疱疹の痛みに対処する
 はじめに
 1帯状疱疹の疼痛
 2初期からの疼痛治療
 3慢性期での疼痛対策:帯状疱疹後神経痛の治療
10.表皮水疱症患者会の立場から
 はじめに
 1先天性表皮水疱症の分類と病因
 2表皮水疱症の症状
 3表皮水疱症の治療
 4表皮水疱症患者会の立場から
 おわりに

索引