イラスト眼科手術シリーズ2 眼科小手術と処置

井上眼科病院のメソッドをイラスト・写真で解説するシリーズ第2弾!

監 修 若倉 雅登
編 集 宮永 嘉隆 / 中村 敏
定 価 9,900円
(9,000円+税)
発行日 2012/10/08
ISBN 978-4-307-35149-2

B5判・144頁・図数:139枚

在庫状況 あり

技ありの記述で手術のコツが手に取るように頭に入る本。取りあげた疾患:霰粒種、麦粒腫.小児の場合はどうしたらよいか、翼状片.再発防止は?、結膜弛緩症、マイボーム腺梗塞、兎眼、結膜結石.どこまで放置してよいか、結膜腫瘍.良性腫瘍・色素母斑・悪性腫瘍、結膜リンパ管拡張症と結膜嚢腫、眼窩脂肪ヘルニア、睫毛内反症、睫毛乱生。また、術中・術後に起こりうるトラブルへの解決法も具体例をあげて解説。特に感染症対策は章を設けて詳述。
I.序論
 1.眼瞼の解剖と特性
  a.眼瞼表面
  b.眼瞼内部
 2.結膜の構造と特徴
 3.疾患別の手術の適応と留意点
  a.霰粒腫
  b.麦粒腫
  c.翼状片
  d.結膜弛緩症
  e.Meibom腺梗塞症
  f.兎眼
  g.結膜結石
  h.結膜腫瘍
  i.眼窩脂肪ヘルニア
  j.睫毛内反症(眼瞼内反症)

II.外眼部手術の基本
  a.外眼部小手術
  b.問診のポイントとコツ
  c.術前検査,準備
  d.必要な器具類
  e.術中のモニタ−,ラインの確保
  f.局所麻酔
  g.切開,縫合
  h.抜糸,眼帯
  i.術後の注意

III.疾患別手術法
 1.霰粒腫
  a.適応の考え方
  b.術前,特に注意すべき点
  c.手術手技
  d.術中および術後管理
 2.麦粒腫
  a.適応の考え方
  b.術前,特に注意すべき点
  c.手術手技
  d.術中および術後管理
 3.翼状片
  a.適応の考え方
  b.術前,特に注意すべき点
  c.手術手技
  d.術後管理
 4.結膜弛緩症
  a.外来診断でのポイント
  b.発症のメカニズム
  c.手術
 5.Meibom腺梗塞摘出術
  a.Meibom腺の解剖と機能
  b.Meibom腺梗塞
 6.兎 眼
  a.適応の考え方
  b.術前,特に注意すべき点
  c.手術手技
  d.術中および術後管理
 7.結膜結石
 8.結膜腫瘍
  a.結膜母斑
  b.後天性メラノ−シス(PAM)
  c.結膜?胞,涙腺貯留?胞
  d.皮様脂肪腫(デルモリポ−マ)
  e.結膜乳頭腫
  f.化膿性肉芽腫
  g.結膜の血管病変
  h.悪性黒色腫(悪性メラノ−マ)
  i.結膜上皮内新形成,扁平上皮癌
  j.悪性リンパ腫
 9.結膜リンパ管拡張症と結膜?腫
  a.対応と処置
  b.結膜?腫の場合
 10.眼窩脂肪ヘルニア
  a.手術適応
  b.手術方法
  c.術後の管理
 11.睫毛内反症(小児)
  a.手術の適応
  b.時期,年齢
  c.手術法
  d.術後起こり得ることと対処法
 12.睫毛乱生
  a.内科的治療
  b.外科的治療

IV.手術トラブルと対策
 1.疾患の特性と患者に対する説明責任
  a.一般的注意点
  b.代表疾患の注意点
 2.睫毛内反はどこまで放置してよいか
 3.内反症のトラブルとその対策
  a.睫毛内反のトラブル
  b.加齢性眼瞼内反の再発
 4.術後の瘢痕に対する対処法とトラブル防止
  a.術前のインフォ−ムドコンセントとは
  b.同意書
  c.内反症手術のトラブル防止
  d.麦粒腫などの術後瘢痕について
  e.翼状片の術後角膜瘢痕について
 5.外傷性角膜縫合のコツ
  a.術前の注意点
  b.縫合の実際
 6.再発翼状片はどうすればよいか
  再手術
 7.睫毛内反が何度も再発する,どうしたらよいか
  内田法

V.外眼部処置のトラブルと対策
  a.角結膜異物除去の注意点,見落とさないための対策
  b.角膜上皮剥離に対する眼処置
  c.通水検査
  d.乳児における通水検査やブジ−の必要性と留意点
  e.涙小管炎の処置
  f.涙道における画像診断の必要性と注意事項,留意点
 1.涙点プラグ挿入・抜去のトラブルと対策
  a.涙点プラグ挿入時のトラブルと対策
  b.涙点プラグ留置中のトラブルと対策
  c.涙点プラグ抜去・脱落後のトラブルと対策
  d.可溶性プラグ
  e.他の可溶性プラグ
  f.涙点の外科的閉鎖のトラブルと対策
 2.瞼板縫合,ステロイド注射,義眼処置のトラブルと対策
  a.瞼板縫合の対処法
  b.ステロイド注射のトラブルと対策
  c.義眼処置におけるトラブルの原因と対策
 3.感染症対策
  a.外眼部感染症
  b.内眼部感染症
 4.角膜掻爬を行うべき場合と方法
  a.掻爬の目的
  b.術前の処置
  c.掻爬に使う器具
  d.原因検索目的で掻爬を行う場合

索引