肛門基本術式の実際 痔核・痔瘻・裂肛

今さら聞けない肛門手術の基本を豊富なイラストで徹底解説!

著 者 岩垂 純一
定 価 10,260円
(9,500円+税)
発行日 2014/04/08
ISBN 978-4-307-20327-2

A4判・196頁・図数:218枚

在庫状況 あり

肛門手術においては、新しい治療法、術式が次々と登場して注目を浴びるが、まずマスターすべきは基本術式である。本書では、痔核の結紮切除術、痔瘻の切開開放術、裂肛のLSIS・SSGを取り上げ、筆者の経験から得た術式への工夫やこだわりを、豊富なイラストで徹底的に解説する。これから肛門手術に携わるビギナーだけでなく、改めて自らの手技を確認したい人にも、本書を大いに活用していただきたい。
肛門手術の基本・考え方
I肛門部の解剖
II肛門部と、その手術の特異性
III臀部の絆創膏の牽引
IV−1肛門手術創
IV−2なだらかな手術創を
IV−3良好なドレナ−ジ創の作成
V肛門手術を目指す若い先生方へ


第1章 痔核の手術 LE
I痔核手術における必要最小限の知識
1.痔核病変とは
 1)痔核は余分なクッション
 2)内痔核と外痔核、肛門管内外痔核と肛門管外外痔核
 3)主痔核と副痔核
 4)粘膜性痔核と血管性痔核
2.痔核手術の考え方
 1)痔核手術は肛門手術の基本
 2)必要最小限の手術を心がける
 3)丁寧な手術を
 4)全体的な調和を
3.基本術式は結紮切除術の半閉鎖術式
 1)半閉鎖術式を行う
 2)開創器を使用せず、肛門管外での手術操作に慣れる
 3)根部血管の結紮を前もって行わない
II結紮切除半閉鎖術式の実際
1.手術の前にすること
 1)指診による狭窄の有無の確認
 2)有柄肛門鏡での診察
2.一つの主痔核切除操作
 1)皮膚切開の前に行うボスミン加生食水の注射
 2)皮膚ドレナ−ジ創の作成
 3)肛門上皮部の操作:外痔核への操作
 4)歯状線を越えての操作:内痔核への操作
 5)根部結紮
 6)粘膜下の痔核切除と止血
 7)肛門縁までの半閉鎖
 8)痔核切除
3.他の主痔核の手術操作
 1)ひとつの痔核切除が終了するごとに視診にてチェックを
 2)前方の痔核に注意
 3)切除するのは3カ所が理想
 4)隣り合わせた痔核の処理に注意
4.副痔核の切除
 1)副痔核か、内痔核単独か、外痔核単独か、内外痔核かによって処理法を変える
 2)副痔核への痔核粘膜下切除を主とした結紮切除術
5.創の点検:ドレナ−ジが十分か、牽引するテ−プを完全に緩めてから確認を
6.終了
IIIこんな時、どうするか
1.痔核が大きすぎ全周にわたるようだ
2.痔核が残存してしまった
 1)創と創の間に存在する場合
 2)切除創に隣接して存在する場合
3.切除後に狭窄がある
 1)手術により生じた狭窄
 2)術前より存在する狭窄
4.出血が止まらない
 1)半閉鎖した部位の下からの出血
 2)根部結紮した部位や、それより奥の粘膜下に血腫を形成してしまった
 3)どうしても止血が困難な場合
5.裂肛、痔瘻の合併病変を伴う
 1)切除すべき痔核に痔瘻が合併している場合
 2)切除すべき痔核に裂肛が合併している場合

第2章 痔瘻の手術
I痔瘻手術に必要な知識
1.痔瘻を構成するもの:痔瘻は入り口がある膿の管
2.痔瘻の種類
3.痔瘻を治すに必要な条件:原発口、原発巣の除去
4.手術に必要な痔瘻の診断
 1)二次口からの触診
 2)示指による指診
 3)示指と拇指による双指診
II痔瘻手術の考え方:基本は切開開放術
III痔瘻の術式の実際
1.低位筋間痔瘻の手術:切開開放術
 1)術式の実際
 2)肛門後方に位置する痔瘻:補助切開を加えてドレナ−ジ創を作成する方法
 3)肛門前方、側方に位置する痔瘻:創縮小術
2.高位筋間痔瘻の手術
 1)術式の実際
3.坐骨直腸窩痔瘻の手術
 1)術式の実際
4.骨盤直腸窩痔瘻

第3章 裂肛の手術 LSIS、SSG
I裂肛手術に必要な知識、裂肛病変とは
1.裂肛とは
2.裂肛の種類
3.裂肛の急性期と慢性期
 1)急性期
 2)慢性期
II裂肛の手術方法
1.術式
 1)LSIS;lateral subcutaneous internal sphincterotomy
 2)SSG;sliding skin graft
IIILSIS
1.メス挿入部位の決定
2.開創器の挿入
3.浸潤麻酔
4.メスの挿入
 1)どの部位から
 2)どの高さまでメスを入れるか
5.内括約筋の解剖
6.内括約筋の切開
7.合併病変の処理
IV SSG
1.開創器の挿入
2.潰瘍周辺の切除:周りのポリ−プやskin tagの処理
3.括約筋切開
 1)どの位置で括約筋切開するか
 2)どこまで、どの深さで括約筋切開するか
4.粘膜皮膚縫合
 1)縫い代はどの程度にするか
 2)縫合に使用する糸
 3)縫合は何カ所にするのが理想か
 4)縫合の際の注意事項
5.皮膚弁移動の仕方
 1)皮膚弁作成の位置
 2)減張切開の深さ
 3)どのように減張切開するか
 4)皮膚弁移動後の皮膚欠損部位のドレナ−ジが重要
6.最後の処置
 1)肛門後方のSSGで十分な拡張が得られない場合
 2)皮膚弁左右の内外痔核の存在
 3)肛門前方に内外痔核が存在する場合