食道疾患用語解説集 第2版

最新研究領域を網羅した食道疾患の専門用語解説集の大改訂版(第2版)。

編 集 日本食道学会
定 価 5,400円
(5,000円+税)
発行日 2012/06/20
ISBN 978-4-307-20299-2

A5判・320頁・図数:56枚

在庫状況 なし

前版同様,解説に重点を置き,書名も「用語集」から「用語解説集」と改題した。14年ぶりの改訂となるため、「食道癌取扱い規約」や「食道アカラシア取扱い規約」の改訂点も反映させている。当然その他の最新研究領域も網羅され、食道疾患の辞書として活用できる。巻末の欧文索引を用いることで英和辞書としても便利である。食道疾患に関する研究者が常備し、研究はもちろん学生教育、論文執筆、学会発表等で活用されたい。


『第2版 序』より
 食道疾患用語集が14年の時を経て食道疾患用語解説集と名称を変え,改訂第2版が刊行されました。初版には同義語を含め1,860語が収載されていましたが,第2版には新たに約200語が追加収載されています。その多くは食道疾患に特異的な用語というよりは,広く基礎研究分野,診断,治療に関する用語で,そのなかにはiPS細胞,マイクロアレイ,PET,センチネルリンパ節,RECIST,サルベージ治療,緩和医療などが含まれています。これらの追加収載用語をみても,この10数年間の食道疾患にまつわる診断・治療の進歩をうかがい知ることができます。用語集の改訂を発案された幕内博康前理事長のご慧眼に敬服いたします。
 時あたかも出版業界では「舟を編む」(三浦しをん)がベストセラーになっています。これは辞書作りを題材にした小説で,辞書の編纂は大変地味な作業であり,かつ長い年月と労力を要する仕事です。広辞苑の改訂作業には10年ほどの年月と労力を投入するそうです。今回の改訂にはそのような大事業を,用語委員会の夏越祥次委員長および12名の委員の先生方の献身的なご指導により,3年弱という短期間で達成されました。
第2版の序
刊行にあたって
発刊に際して
用語委員会/執筆者
凡例
図表掲載ページ一覧
解剖図
あ行
い行
う行
え行
お行
か行
き行
く行
け行
こ行
さ行
し行
す行
せ行
そ行
た行
ち行
つ行
て行
と行
な行
に行
ぬ行
ね行
の行
は行
ひ行
ふ行
へ行
ほ行
ま行
み行
む行
め行
も行
や行
ゆ行
よ行
ら行
り行
る行
れ行
ろ行
わ行
英文索引