行為と幻覚 −レジリアンスを拓く統合失調症−

統合失調症についてレジリアンスや自己治癒の観点から論じた、比類なき精神病理学論文

著 者 小林 聡幸
定 価 5,060円
(4,600円+税)
発行日 2011/02/01
ISBN 978-4-307-15065-1

A5判・256頁・カラー図数:1枚

在庫状況 あり

「統合失調症」は表面的な理解では捉えがたい疾病である。精神病理学第四世代の著者が、操作的診断基準の席巻と行き過ぎたEBMの考え方への批判から、厚みと深みのある精神病理学への高まる関心に応える。前半で「レジリアンス」概念を傍らに、大きな視点で臨床を観察し、後半では「幻覚」の病理性とその自己治癒的な側面を見据えつつ、統合失調症患者の「行為」の次元を論じた比類なき書!
はじめに

1部 統合失調症のレジリアンス
 第1章 レジリアンスを拓く統合失調症
  1 統合失調症のあらゆる可能な回復に対する前提的問題
  2 「締めくくること」と回帰性
  3 主体を定立する病的体験
  4 日常への狂気の繰り込み
 第2章 レジリアンスの死、患者の自死
  1 はじめに
  2 症例
  3 考察
 第3章 自我境界のレジリアンス
  1 「この私」
  2 自我境界
  3 予後不良だった症例
  4 伸縮する自我境界
  5 予後良好だった症例
  6 レジリアントな自我境界

2部 経過からみた統合失調症
 第4章 身体症状の仮面をかぶった統合失調症
  1 「仮面統合失調症」
  2 範例的症例
  3 患者側の医療へのかかり方
  4 医療側の患者への関わり方
  5 身体という臨床の場
 第5章 精神病症状としての知覚変容発作
  1 知覚変容発作の多面性
  2 症例
  3 知覚変容発作の〈内容〉と〈容器〉
  4 精神病症状としての知覚変容発作
  5 レジリアンスの側面から
  6 結語
 第6章 頻発性高揚-低迷病相統合失調症
  1 統合失調症と躁うつ病の間
  2 症例
  3 症例小括
  4 精神病理と薬物療法
  5 高揚−低迷状態の位相
  6 結語

3部 幻覚論とその展開
 第7章 幻覚−このハイパーリアルなもの
  1 「対象なき知覚」
  2 知覚としての幻覚
  3 五感からあふれる幻覚
  4 能動と受動
  5 世界の変容としての幻覚
  6 ソフトウェア化された精神は幻声を聴くか?
 第8章 独語幻覚
  1 独語と幻覚
  2 症例
  3 「独語幻覚」の症候論的検討
   3-1 「独語幻覚」の小括
   3-2 独語妄想との比較
   3-3 従来の症候論による独語幻覚の記述
   3-4 幻聴と運動幻覚との関係
  4 言語と独語幻覚
   4-1 内言と独語幻覚
   4-2 自己中心的言語と独語幻覚
   4-3 鏡像的ディスクールとしての独語幻覚
  5 結語
 第9章 加害的自生視覚表象
  1 統合失調症の加害的体験
  2 症例
  3 加害的自生視覚表象と寛解過程
  4 加害的自生視覚表象と「発話内の力」
 第10章 急性偽記憶精神病
  1 偽記憶
  2 症例
  3 偽りの記憶
  4 急性偽記憶精神病
  5 偽記憶の推移
  6 自我障碍の層構造
  7 結語

4部 行為と記述
 第11章 統合失調症と言語、そして行為へ
  1 言語と精神
  2 言語と思考
  3 思考に先立つ言語
  4 他性としての言語
  5 意味論
  6 統辞論
  7 語用論
 第12章 予定体験と自由のディスクール
  1 はじめに
  2 症例
  3 考察
   3-1 予定体験
   3-2 幻覚としての予定体験
   3-3 自由のディスクール
   3-4 時間と自由
   3-5 予定体験のディスクール
  4 おわりに
 第13章 統合失調症における目と行為の精神病理
  1 はじめに
  2 「シテンが来ない」症例
  3 行為と視点
  4 「目に集中しすぎて体がずれてしまった」症例
  5 向性的構造と志向的構造のずれ
  6 「目」と「シテン」
  7 結語

初出一覧
文献と註
あとがき
索引