前立腺癌診療ガイドライン 2012年版 第2版

6年ぶり大改訂。最新エビデンスにより前立腺癌診療の進歩に対応

編 集 日本泌尿器科学会
定 価 3,888円
(3,600円+税)
発行日 2012/04/25
ISBN 978-4-307-43050-0

B5判・240頁

在庫状況 なし

・対象が前立腺癌の診療に従事する医療者に絞られた。
・領域として新たに「予防」、「検診」の章が加えられた。
・「薬物療法」の章が「ホルモン療法」と「化学療法、その他」に細分化された。
・「待機療法」の章は「PSA監視療法」に名称が変更された。
・「外科治療」の章では、普及度に対応して腹腔鏡下手術等の担当委員が追加された。
前立腺診療ガイドライン改定の経緯および手順
前立腺癌診療のアルゴリズム
PSA検査の特質(PSA検査前に説得すべき事項)

1.疫 学
2.予 防
3.検 診
4.診 断
5.治療総論
6.PSA監視療法
7.手術療法
8.放射線療法
9.ホルモン療法
10.化学療法、その他
11.緩和療法

資料
 資料1.前立腺がんのリスク分類
 資料2.局所性前立腺癌における根治的前立腺適除術の病理学的病期予測のための日本版ノモグラム
 資料3.初期ホルモン療法を施工する前立腺癌患者のリスク分類