前立腺がん検診ガイドライン 2010年増補版 構造化抄録CD-ROM付

前立腺がん検診に従事する医療者・行政担当者必読の解説書。

編 集 日本泌尿器科学会
定 価 3,024円
(2,800円+税)
発行日 2009/12/22
ISBN 978-4-307-43045-6

B5判・128頁

在庫状況 あり

欧米の大規模無作為化比較試験の結果や、米国泌尿器科学会のPSA検診に関するガイドライン改定に伴い、最新情報の提供を目的として2008年刊行書の増補版を作成。信頼性の高い研究の分析結果に基づき、前立腺がん検診に関する最新かつ実用的な情報を整理し、現場の医師、保健師、医療行政担当者、さらには受診対象者に前立腺がん検診の意義および診療の実態を正しく理解してもらい、日常の診療に活用されることを望んでいる。
1.要旨・前立腺がん検診の推奨

2.ガイドライン作成の目的・意図

3.前立腺がんの疫学
 1)日本の前立腺がんの罹患率
 2)日本の前立腺がんの死亡率
 3)世界と日本の前立腺がん罹患率・死亡率の比較
 4)前立腺がんの危険因子

4.前立腺がん検診1次検診の概要
 1)検診対象年齢
 2)スクリーニング検査(PSA・直腸診・経直腸的超音波検査)の精度
 3)PSA検査の基準値
 4)前立腺がん検診(住民検診・人間ドック検診)の現状・検診形態
 5)前立腺がん検診の適正な受診間隔
 6)前立腺がん住民検診の全国集計結果

5.検診発見がんと臨床診断がんの比較
 1)進行度の比較
 2)進行度別・検診群と非検診群の生存率の比較

6.前立腺がん検診の死亡率低下効果の評価(PSA検診を中心に)
 1)無作為化比較対照試験(RCT)
 2)コホート研究
 3)症例対照研究
 4)時系列研究・地域相関研究
 5)直腸診の有効性の評価とPSA検査との併用の意義

7.前立腺がんの精密検査の方法・精度・合併症

8.前立腺がん治療の現状・成績・合併症
 1)手術療法
 2)放射線療法
 3)内分泌療法
 4)無治療経過観察

9.前立腺がん検診と前立腺がんのQOL評価
 1)自己記入式QOL調査票
 2)前立腺がん検診によるQOL評価
 3)前立腺がん治療におけるQOL評価

10.前立腺がん検診の経済評価
 1)医療経済評価の方法
 2)前立腺がん検診の費用
 3)費用効果分析
 4)費用便益分析
 5)前立腺がん検診の経済評価研究

11.検診を受診することによる利益・不利益と受診しないことによる利益・不利益
 1)PSA検診を受診することによる利益
 2)PSA検診を受診することによる不利益
 3)PSA検診の不利益に対する対策
 4)PSA検診を受診しないことによる利益
 5)PSA検診を受診しないことによる不利益

12.世界における前立腺がん検診の推奨度・評価・現状

13.前立腺がん検診受診前・受診後のファクトシート
 1)1次検診受診前のファクトシート
 2)1次検診受診後のファクトシート

14.住民検診における前立腺がん検診のシステム
 1)1次スクリーニング受診前・受診後の対応
 2)1次スクリーニング異常者の判定
 3)1次スクリーニング異常者に対する受診勧奨
 4)適正な2次スクリーニング施設の指定
 5)2次スクリーニング結果の集計による検診の精度管理

15.人間ドック検診における前立腺がん検診のシステム
 1)1次スクリーニング受診前・受診時の対応・異常者の判定
 2)1次スクリーニングの結果報告と受診勧奨
 3)適正な2次スクリーニング方法と精度管理

16.総合評価・結論

参考文献

資料